イスラム教徒、キリスト教徒をテロ組織から守る「私たちを皆殺しにするかここから立ち去れ」ケニア

2015年12月24日23時58分 翻訳者 : 木下優紀 印刷
+イスラム教徒、キリスト教徒をテロ組織から守る「私たちを皆殺しにするかここから立ち去れ」ケニア
4月2日に学生の虐殺事件が起きたケニアのガリッサ大学(写真:世界メソジスト協議会)

ケニアでイスラム過激派とみられる集団によってバスが襲撃された際、イスラム教徒がキリスト教徒から離されることを拒否したため、キリスト教徒は九死に一生を得た。

ケニアのニュースサイト「デイリー・ネイション」によると、21日朝、ナイロビからマンデラに向かうバスが過激派組織「アルシャバブ」に襲撃され、2人が死亡、3人が負傷した。

郡の副長官ジュリウス・オティエノ氏は、襲撃犯が乗客にバスから降りるよう命じ、イスラム教徒と非イスラム教徒に分けようとしたと語った。「彼らは、クリスチャンとそうでない人を特定しようとしました。ノンクリスチャンに、バスに戻るよう命じました」

マンデラ県のアリ・ロバ知事は、乗客が分離されることを拒否し、皆殺しにするか立ち去るよう襲撃犯に迫ったと述べた。「戦闘員は近隣の村の住民からの報復を恐れ、急いで去らざるを得なくなりました」

「地域住民は、アルシャバブに、イスラム教徒もキリスト教徒も皆殺しにするか、それとも何もせず立ち去るかの選択を迫り、愛国心と互いへの帰属意識を示しました」

ロバ知事は、地域住民は「バスにいる非イスラム教徒を守ろうとして」負傷したと述べた。

ロバ知事によると、アルシャバブの戦闘員は、6から15のグループに分かれてケニアに入国しており、地域で目撃した最大のグループには戦闘員が30人いるという。

彼らは村民を過激派に引き込もうとしたが、成功しなかったとロバ知事は語った。

ケニアで起きたアルシャバブによる最大の襲撃事件は、4月2日に発生したガリッサ大学の学生の虐殺事件で、銃撃犯4人を含む152人が死亡した。生存者は、イスラム教徒でない学生を捜して教室や寮を闊歩(かっぽ)し、慈悲なく殺害していった襲撃者の姿を証言している。

学生のルーベン・ムワヴィタさん(21)は、女子学生3人が慈悲を求めて銃撃犯の前にひざまずいている姿を見かけたと語った。

「彼女たちの過ちは、『イエス様、どうか救ってください』と言ったことです。それを言った直後に射殺されたからです」とムワヴィタさんは述べた。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース