恵みとまことに満ちた人生 安食弘幸(28)

2015年10月18日06時23分 コラムニスト : 安食弘幸 印刷
関連タグ:安食弘幸

「ことばは人となって、私たちの間に住まわれた。私たちはこの方の栄光を見た。父のみもとから来られたひとり子としての栄光である。この方は恵みとまことに満ちておられた」(ヨハネ1:14)

一人のご婦人がクリスマスの準備の忙しさの合間に、売れ残っていたクリスマスカードを買ってきて、友人たちに出すため急いで書き終え、やっとポストに投げ入れました。ほっとしたところで、コーヒーで一息入れながら、一枚残ったカードを何気なく見ていたら、小さな文字でこう書かれていました。

「一緒にお送りした品物がお気に召せば幸いです」。何とこのカードは、プレゼントとセットで送るカードだったのです。

このように私たちは毎日、時間に追われるように忙しく動き回りますが、どこか的はずれのことをしたり、無駄なことを繰り返したりしてはいないでしょうか。少し手を休め、心を落ち着かせ「わたしがすべての疲れた心を潤し、すべてのしぼんだ心を満たしてあげる」と言われるイエス・キリストの言葉に、耳を傾けてみませんか。

イエス・キリスト誕生の時、東方の博士たちがやってきて、ヘロデ王に尋ねました。「ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにお出でになりますか」。そして博士たちは、やがて一つの家を見つけ、母マリヤと共におられる幼子を見て、ひれ伏して拝みました。そして宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈り物としてささげました。そして彼らは別の道から自分の国へ帰っていったのです。

興味深いことは、東方の博士たちは幼子のイエスを王として礼拝したのです。そして王にふさわしい最高のささげものをしました。そして、彼らは別の道から帰っていったのです。これは、彼らが来た時とは違って、何か新しい人生の希望に満たされて帰っていったことの象徴的表現のようです。

イエス・キリストは、この世界に王として来られたのです。しかし、ヨハネは次のように証言しています。

「この方はもとから世におられ、世はこの方によって造られたのに、世はこの方を知らなかった。この方はご自分のくにに来られたのに、ご自分の民は受け入れなかった。しかし、この方を受け入れた人々、すなわち、その名を信じた人々には、神の子どもとされる特権をお与えになった」(ヨハネ1:10~12)

ですから、私たちがイエス・キリストを自分の人生の王として迎え入れるとき、イエス・キリストは私たちの人生で王として働いて、祝福してくださるのです。

では、王の働きとは何でしょうか。

(1)王は民を正しい道に導きます

「あなたが右に行くにも左に行くにも、あなたの耳はうしろから『これが道だ。これに歩め』と言うことばを聞く」(イザヤ30:21)

神は、王として私たちの人生の決断の時や、岐路に立つ時、必ず正しい道に導いてくださいます。

(2)王は民を安全に守ります

「しかし、主は真実な方ですから、あなたがたを強くし、悪い者から守ってくださいます」(Ⅱテサロニケ3:3)

私たちの人生は「一寸先は闇」と言われるように、何が起こるか分からない不確かさに満ちています。しかし、主はすべてを支配し守ってくださいます。主に、この王に導かれる人生は「一寸先は光」です。

(3)王は民を経済的に繁栄させます

「また、私の神は、キリスト・イエスにあるご自身の栄光の富をもって、あなたがたの必要をすべて満たしてくださいます」(ピリピ4:19)

王の責任は、自分の民が豊かな生活をすることができるように心を配ることです。

ですから私たちがイエス・キリストを、自分の人生の王として迎え入れる時、イエス・キリストは私たちの人生で王として働いて祝福してくださるのです。

あなたもイエス・キリストを「王」として迎えませんか。そして「恵みとまことに満ちた人生」を王なるイエスと共に歩んでみませんか。

<<前回へ     次回へ>>

安食弘幸

安食弘幸(あんじき・ひろゆき)

1951年、島根県出雲生まれ。関西学院大学社会学部卒。大学時代は硬式野球関西六大学リーグの強打者として活躍。関西聖書学院卒。セント・チャールズ大卒。哲学博士。現在、日本キリスト宣教団峰町キリスト教会主任牧師。NHK文化センター「聖書入門講座」「カウンセリング講座」講師、JTJ宣教神学院講師、とちぎテレビ「ゴスペルジェネレーション」の説教者。また、国内外の教会や一般企業、ミッションスクール、病院、福祉施設で講演活動を行っている。

日本キリスト宣教団峰町キリスト教会ホームページ
【安食弘幸著書】(Amazon)
【安食弘幸著書】(イーグレープ)

関連タグ:安食弘幸

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース