心の中にメロディーを 安食弘幸(27)

2015年10月4日07時50分 コラムニスト : 安食弘幸 印刷
関連タグ:安食弘幸

「見よ。神は私の救い。私は信頼して恐れることはない。ヤハ、主は、私の力、私のほめ歌。私のために救いとなられた。あなたがたは喜びながら、救いの泉から水を汲む」(イザヤ12:2、3)

音楽療法士の専門学校の学生が老人ホームで、ボランティアで歌の指導をしました。しかし一人のおじいさんだけどうしても仲間に加わろうとしません。しかし『故郷』という曲を歌い始めると、そのおじいさんも引かれるようにして仲間に入ってきました。きっとその人にとって、思い出深い曲だったのでしょう。人は皆、心の中に自分の歌を持っているのです。

そして人は、その自分の歌を歌いながら歩むとき、自分らしく自己最高の人生を歩むことができるのです。しかし、私たちはしばしば忙しさの中でゆとりを失い、心の歌を歌うのを忘れてしまうのです。心のゆとりを持つために、いくつかの大切なことがあります。

(1)自分の位置を知る

人は、自分の居場所を見つけるまで不安なのです。「そこに居てもいいよ」と言ってほしいのです。

ある女性が結婚を控えて、病院に行きました。診断の結果、子どもが産めないかもしれないと宣告されました。失望のあまり、彼女は彼に結婚解消を申し出ました。彼はびっくりしてその理由を尋ねました。そして彼は、彼女に言いました。

「バカだな、ボクはキミと結婚したいんだ、子どもはいなくてもいいじゃないか」。彼女はその言葉を聞いたとき、「このまま永遠の眠りについてもいい」と思ったそうです。「キミのそのままを愛しているよ」と言われるとき、人は安心し、リラックスし、自分らしさを発揮できるのです。

神のあなたに対する語り掛けに、耳を傾けてください。

「わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している」(イザヤ43:4)

この神からの愛の言葉を心にしっかりと受け止めて歩む人は、いつも安心して自己最高に向かって歩み出せるのです。

(2)良き事に心をとめる

どんな状況の中にあっても、神は必ず良き事をその中に置いてくださっていると信じることです。

アメリカの女性作家ポーターの小説の主人公であるポリアンナは、陽気で楽天的な少女です。どんな状況の中にあっても、“良かった探し”ができる天才でした。誕生日のプレゼントに間違って松葉杖が贈られたときも、「私はこれを使わなくても歩けるから良かった」と大喜びしました。彼女の“良かった探し”ゲームは、やがて村中に広がり、村中の人々が幸せになっていくのです。

聖書も私たちに教えています。

「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべての事について、感謝しなさい」(Ⅰテサロニケ5:16~18)

(3)確かなものにつながる

今、医療の現場での問題点は、老人医療、脳死と臓器移植、病名告知、ターミナル・ケアの4つだといわれます。

なぜ難しいかといえば、これらは人間の尊厳性にかかわる問題だからです。相手が機械なら、事は簡単です。「もう寿命ですから廃棄しましょう」と言えます。

人間は、最後の瞬間まで人間としての尊厳性を保ったまま生きることを望むものです。しかし、現実社会は「できるか、できないか」「持っているか、持っていないか」という物差しで人を計ろうとします。すると人間は、年とともに「できない人」「持たない人」へと移っていくので、年齢とともに自分に対する価値観を失っていくのです。

しかし、私たちに命を与えてくださった神は言われます。

「あなたがたが年をとっても、わたしは同じようにする。あなたがたがしらがになっても、わたしは背負う。わたしはそうしてきたのだ。なお、わたしは運ぼう。わたしは背負って、救い出そう」(イザヤ46:4)

人の心の中にある歌は、ゆとりある生き方の中で解き放たれるのです。あなたもこの神にしっかりとつながるなら、あなたの心の中にある歌を力の限り歌いながら人生を歩んでいけるのです。

<<前回へ     次回へ>>

安食弘幸

安食弘幸(あんじき・ひろゆき)

1951年、島根県出雲生まれ。関西学院大学社会学部卒。大学時代は硬式野球関西六大学リーグの強打者として活躍。関西聖書学院卒。セント・チャールズ大卒。哲学博士。現在、日本キリスト宣教団峰町キリスト教会主任牧師。NHK文化センター「聖書入門講座」「カウンセリング講座」講師、JTJ宣教神学院講師、とちぎテレビ「ゴスペルジェネレーション」の説教者。また、国内外の教会や一般企業、ミッションスクール、病院、福祉施設で講演活動を行っている。

日本キリスト宣教団峰町キリスト教会ホームページ
【安食弘幸著書】(Amazon)
【安食弘幸著書】(イーグレープ)

関連タグ:安食弘幸

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース