主の御言葉に立って赦すこと 万代栄嗣

2015年8月13日00時50分 コラムニスト : 万代栄嗣 印刷
関連タグ:万代栄嗣

「ただ、自分の敵を愛しなさい。彼らによくしてやり、返してもらうことを考えずに貸しなさい。そうすれば、あなたがたの受ける報いはすばらしく、あなたがたは、いと高き方の子どもになれます。なぜなら、いと高き方は、恩知らずの悪人にも、あわれみ深いからです。あなたがたの天の父があわれみ深いように、あなたがたも、あわれみ深くしなさい。さばいてはいけません。そうすれば、自分もさばかれません。人を罪に定めてはいけません。そうすれば、自分も罪に定められません。赦(ゆる)しなさい。そうすれば、自分も赦されます」(ルカの福音書6章35~37節)

「自分の敵を愛しなさい」「裁いてはいけません」。今日の御言葉は文字通り、イエスの肉声です。もう1度お声を聞きながら、自分の心の中を確認したいと思います。そのための目の付け所が3つあります。

1. 憎しみや怒りを心の中に宿していないか

私たちはイエスを信じ、罪から救われ、愛を知りました。十字架で流された血潮を忘れないよう聖餐に与(あずか)ります。また、主の祈りでは「われらに罪を犯す者をわれらが赦すごとく・・・」と祈り、愛に溢れた人であるはずです。しかし、人を嫌ったり、敵意を持ったり、ドロドロした思いが心の中に宿っていませんか。クリスチャンで愛に溢れているはずですが、実際には、職場の同僚や、友人、愛をもって共に歩むべき家族、兄弟同士、親子、夫婦の間でも赦せない気持ちがあったりします。私たちの心の中には、常に罪や悪の力が侵入し得る危険性があるのです。だから、イエスは「自分の敵を愛しなさい」「裁いてはいけない」と語られたのです。今、世の中では原発や安全保障に対して反対デモが行われ、戦争反対と言いながら、心の中では人を憎み、実際に人を傷つけてしまうほどの、恐ろしい人間の現実があることを知らなければなりません。

2. 愛すること、赦すことを選ぶ

イエスは誰に対しても、愛すること、赦すことを心掛ける方がよいと、生の御声で語られました。裁くことよりも赦すことの方がより価値があると言われました。クリスチャンになったからといっても、すぐに完璧にはなりません。弱く中途半端な者です。しかし、諦めずイエスが指し示してくださったよきものを目指して、歩むことに価値があります。神の御言葉の原則を知っているあなたが怒るのは、よほどの理由があるのだと思います。それでもなお、赦し愛することの方がよいのです。憎み裁くより、赦し受け入れることを選び取ろうではありませんか。「あなたの敵を愛しなさい。赦しなさい。そうすれば赦される」とイエスが肉声で語ってくださいました。イエスの愛と赦しによって聖められ、憎しみや敵意から解放されることを願おうではありませんか。

3. 主の愛と赦しを忘れない

私たちは皆、自分自身が罪深いことさえ知らなかったとんでもない罪人でした。その私を、憐れみ、愛し、主が救ってくださったことを感謝しましょう。人を赦し、愛せないのは、罪人で、愛される資格もなかった自分が、赦され愛されている事実を忘れているからです。イエスは天の父なる神が恩知らずの悪人にも憐れみ深いように、あなたも憐れみ深くしなさいと語られました。恩知らずの悪人は私たちのことです。イエスが十字架にかかり救ってくださったのに、その愛をしばしば忘れる恩知らずです。自分が愛され赦されたことを思い出せば、周りの人を裁いたり、嫌ったりせず、赦し愛することができます。マタイ18章に王様から膨大な借金を赦してもらったしもべが、自分が貸した金を返せない人を赦さなかった例え話があります。私たちは、なかなか人を赦すことができません。イエスを愛し、イエスの愛で敵を一人でも赦し、愛することができるよう、祈る者でありたいと思います。

万代栄嗣

万代栄嗣(まんだい・えいじ)

松山福音センターの牧師として、全国各地、そして海外へと飛び回る多忙な毎日。そのなかでも宗教を超えた各種講演を積極的に行っている。国内では松山を中心に、福岡、鹿児島、東京、神戸、広島、高松にて主任牧師として活動中。キリスト教界のなかでも、新進気鋭の牧師・伝道者として、注目の的。各種講演会では、牧師としての人間観、ノイローゼのカウンセリングの経験、留学体験などを土台に、真に満足できる生き方の秘訣について、大胆に語り続けている。講演内容も、自己啓発、生きがい論、目標設定、人間関係など多岐にわたる。

また、自らがリーダー、そしてボーカルを務める『がんばるばんど』の活動を通し、人生に対する前向きで積極的な姿勢を歌によって伝え続け、幅広い年齢層に支持されている。

国外では、インド、東南アジア、ブラジル等を中心に伝道活動や、神学校の教師として活躍している。

関連タグ:万代栄嗣

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース