IS 、イラク・モスルの歴史的教会を戦闘員用のモスクに転用

2015年6月13日23時27分 翻訳者 : 木下優紀 印刷
+IS 、イラク・モスルの歴史的教会を戦闘員用のモスクに転用
モスルの教会にはためく「イスラム国」(IS)の旗 (写真:ツイッターへの投稿より)

イスラム過激派組織「イスラム国」(IS)は、ISが制圧しているイラク第2の都市モスルにある最大の教会の一つを、戦闘員用のモスクに転用しようとしている。

その告知は、街の通りに掲示する形でなされた。モスルは1年前の6月10日、ISにより制圧された。以前はイラク国内におけるキリスト教徒の中心地だったが、ISによる制圧後、改宗するか、人頭税を払うか、街を離れるか、あるいは殺されるかの選択を迫られ、現在は市内にキリスト教徒はいないとみられている。

バチカンのフィデス通信によると、モスクに転用されようとしている教会は、聖エフライム・シリア正教会。同教会は、モスル制圧後に既にISにより没収されており、「ムジャヒディン(イスラム聖戦士)のモスク」として再開される予定だという。イラクの地元メディアの報道によると、同教会は、黒と白のISのシンボルが入った布で装飾されており、布には「アラーの他に神はなし」「預言者ムハンマド」と書かれている。

戦闘員たちは教会の丸屋根から十字架を外し、建物から全ての家具とキリスト教のシンボルとなる物を運び出した。

中東地域のアッシリア人やヤジディ教徒のような、民族的・宗教的少数派への保護を訴える人権団体「ア・ディマンド・フォー・アクション」の創立者であり代表のヌリ・キノ氏は、米ニューズウィーク誌に対し、これらの動きは、イラクで少数派であるキリスト教徒へのISの意図を示すものだと語った。

「1年前、ISは『改宗するか、人頭税を払うか、死ね』と言いましたが、それはうそだと分かりました。たとえ人頭税を払っても、ここにとどまることはできないのです」とキノ氏。「もし教会をモスクに変えたのなら、それは彼らの民族浄化、多くの人が大虐殺と呼ぶであろうことが起こる前触れです。彼らは私たちの産物、教会を破壊し、できる限りの方法で私たちを消し去ろうとしているのです」と語った。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース