“世界を変えろ” キング牧師描く映画『セルマ』、日本で6月公開(動画あり)

2015年2月26日17時46分 印刷
+“世界を変えろ” キング牧師描く映画『セルマ』、日本で6月公開(動画あり)
(写真:映画『セルマ』の公式フェイスブックより)

1965年3月7日、米アラバマ州セルマでマーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師の指導の下、黒人の選挙権を求めてデモ行進した約600人が、警官隊に暴力で鎮圧された「血の日曜日」。この事件を題材にし、昨年米国で公開された映画『セルマ(原題)』が、6月から日本で上映されることが決まった。複数の映画関連ニュースサイトが伝えた。

製作には、ブラッド・ピットや『プレシャス』の製作総指揮を務めたオプラ・ウィンフリーらが参加。全米有色人種地位向上協会(NAACP)による「NAACPイメージ賞」で、作品賞、主演男優賞を含む4部門で受賞、主題歌「Glory」は、今年の第87回アカデミー賞で歌曲賞を受賞した。

主人公のキング牧師を演じるのは、『リンカーン』『大統領の執事の涙』などで知られるデビッド・オイェロウォ。さらに、『グランド・ブダペスト・ホテル』にも出演しているトム・ウィルキンソンが、黒人の公民権と投票権を認めた米第36代大統領リンドン・ジョンソンを演じている。

キング牧師はバプテスト派(プロテスタント)の牧師。主にアフリカ系米国人の公民権運動の指導者として活躍した。「I Have a Dream(私には夢がある)」で知られる有名なスピーチを行った人物であり、1964年にはノーベル平和賞を受賞している。

米国では、エイブラハム・リンカーン大統領(当時)による奴隷解放宣言(1862年)により奴隷制は廃止されたが、その後も学校やトイレ、プールなどの公共施設やバスなどの公共交通などにおいて、人種に基づく差別が容認され続けてきた。

1954年からアラバマ州モンゴメリーで牧会していたキング牧師は、白人にバスの座席を譲らずに逮捕されたローザ・パークスさんの事件に抗議して、モンゴメリー・バス・ボイコット事件運動を指導。以降、公民権運動のリーダーとなっていく。

また、キング牧師は人情に厚い人物としても知られる。当時、暴力的手法を含む強行的な手段で、人種差別の解決を訴えていたマルコムXとは反発しながらも、彼が暗殺されたときにはその死を嘆き、「マルコムXの暗殺は悲劇だ。世界にはまだ、暴力で物事を解決しようとしている人々がいる」と語ったといわれている。

キング牧師も1968年、テネシー州メンフィスで遊説活動していた際に凶弾に倒れるが、彼の活動により公民権法が施行されるなど、法的側面からの人種差別撤廃に大きく貢献した。キング牧師の生涯は、日本でも中学校の英語の教科書で紹介されるなどしている。

この映画が描く「血の日曜日」の凄惨(せいさん)さは、当時テレビで報道され、米国の公民権運動を後押しすることになった。上映時間は128分。6月から、東京・有楽町のTOHOシネマズシャンテほか全国で公開される。

■ 映画『セルマ』予告編

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース