そこにある真実としての救い主キリストの約束 万代栄嗣

2014年12月31日07時16分 コラムニスト : 万代栄嗣 印刷
+万代栄嗣牧師
万代栄嗣牧師

「さて、この土地に、羊飼いたちが、野宿で夜番をしながら羊の群れを見守っていた。すると、主の使いが彼らのところに来て、主の栄光が回りを照らしたので、彼らはひどく恐れた。御使いは彼らに言った。『恐れることはありません。今、私はこの民全体のためのすばらしい喜びを知らせに来たのです。きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです。あなたがたは、布にくるまって飼葉おけに寝ておられるみどりごを見つけます。これが、あなたがたのためのしるしです』・・・」(ルカの福音書2章8節~20節)

クリスマス(キリスト祭り)はイエス・キリストの誕生を祝う時です。西暦はイエスの御誕生の時から数えられた年号であり、今年はその2014年目。2000年以上たってもイエスの御誕生をお祝いできるのは、神の御子の誕生が否定することのできない事実だからです。聖書の語るイエスの御誕生は、神の恵みを受け止めようとする私たち一人ひとりにかけがえのない神からのメッセージを伝えています。

1. 救い主の誕生は確定した事実

聖書の御言葉に立つ信仰は、決して揺るがされない、否定しがたい事実を土台としています。御子キリストの御生涯の事実は、彼と共に歩んだ多くの人々の証言によるもので、彼らは命をかけても誰一人それを否定できませんでした。そして当時の歴史家やローマ帝国の記録の中でも、イエスの働きと十字架の死、イエスの死後、直ぐに弟子たちが復活について語り始めた出来事は、否定しがたい資料として歴史の中に残っています。キリストの尊い命の誕生の事実が歴史の中で確定されているのです。

2. 救い主には明確な使命が委ねられた

御子の使命は全ての人を救う、「救い主」としての仕事を完成することにありました。人の心は、どんなに一生懸命歩んでも罪に汚れており、清くて聖なる命の根源である神とはまさに水と油。そのあまりにも隔絶された二つのものをもう一度結び合わせ、神の愛の中に生きるようにするためには、神と人との性質を完全に併せ持ったお方によって二つの世界が結び付けられる以外ありませんでした。それで神であり人である「救い主」が必要だったのです。単なるかわいい赤ちゃんではなく、私たちを救うために、ご自分の命をささげるためにこの世に来て下さった「救い主」がそこにおられるのです。

3. 救い主の現れは全ての人のため

神が人と向き合い、語られるときの「あなたがた」の中には、あなたも私も含まれています。聖書の神は私たちに向き合い直接語りかけて下さいます。神との関係の中には、「神とあなた」しか存在しないのです。他人事ではないのです。人は死んだ後、神の御前で罪を裁かれることが定められていて、私たちの命は好き勝手に生きて死ねば終わりではありません。私たちは、絶対(ぜったい)神(しん)と直接向き合う場に置かれます。語りかけ向き合い働きかけて下さる神が、「救い主」をお送り下さったことを感謝しましょう。

4. 今、ここで

神は時間、空間を創造されましたが、神はそれを超越することもできます。それで、2000年前の出来事が「今、ここで」起きるのです。私たちの魂のもとに「今、ここで」救い主がお生まれになったのです。「きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりました」。この神からのメッセージは、なんら損なわれず、今も神からの大切な知らせを私たちに伝えています。神の御子イエス・キリストは、あなたのために「今、ここに」いて下さることを事実として確認できる真実の救い主なのです。救い主キリストに焦点を合わせ、主と共に歩みましょう。

万代栄嗣(まんだい・えいじ)

松山福音センターの牧師として、全国各地、そして海外へと飛び回る多忙な毎日。そのなかでも宗教を超えた各種講演を積極的に行っている。国内では松山を中心に、福岡、鹿児島、東京、神戸、広島、高松にて主任牧師として活動中。キリスト教界のなかでも、新進気鋭の牧師・伝道者として、注目の的。各種講演会では、牧師としての人間観、ノイローゼのカウンセリングの経験、留学体験などを土台に、真に満足できる生き方の秘訣について、大胆に語り続けている。講演内容も、自己啓発、生きがい論、目標設定、人間関係など多岐にわたる。

また、自らがリーダー、そしてボーカルを務める『がんばるばんど』の活動を通し、人生に対する前向きで積極的な姿勢を歌によって伝え続け、幅広い年齢層に支持されている。

国外では、インド、東南アジア、ブラジル等を中心に伝道活動や、神学校の教師として活躍している。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース