クリスマスに向かう心の備え 万代栄嗣

2014年12月10日07時12分 コラムニスト : 万代栄嗣 印刷
+万代栄嗣牧師
万代栄嗣牧師

「ところで、その六か月目に、御使いガブリエルが、神から遣わされてガリラヤのナザレという町のひとりの処女のところに来た。この処女は、ダビデの家系のヨセフという人のいいなずけで、名をマリヤといった。御使いは、入って来ると、マリヤに言った。「おめでとう、恵まれた方。主があなたとともにおられます。」・・・「こわがることはない。マリヤ。あなたは神から恵みを受けたのです。ご覧なさい。あなたはみごもって、男の子を産みます。名をイエスとつけなさい。その子はすぐれた者となり、いと高き方の子と呼ばれます・・・」(ルカの福音書1章26~38節)

クリスマスは主イエス・キリストが誕生された日ですが、そこには救い主がお生まれするにあたって多くの人々が関わっていました。御使いのガブリエルが結婚を控えたマリヤのもとへ訪れ、イエスの誕生を知らせます。またこの6カ月前には(ルカの福音書1:1~25)洗礼のヨハネの誕生が並行して語られています。ヨハネの父であるザカリヤとその妻エリサベツには子どもがいませんでしたが、マリヤと同様ガブリエルによって男の子を産むと知らされたのです。この2つの物語を通して私たちはクリスマスを迎える心の備えをしていきましょう。

1. イエスの誕生を知る

単にクリスマスの物語を知っているという知識だけで終わるのではなく、本当の意味でイエスの誕生を知る、つまり御使いからの良い知らせ“福音”を聞き、受け入れようではありませんか。ルカ1:19では御使いはザカリヤに言います。「私は神の御前に立つガブリエルです。あなたに話をし、この喜びのおとずれを伝えるように遣わされているのです」。人間が理解できるようにと、人の言葉で話をし、知らせに来た御使いがいるのであれば、それを聞いた私たちは、きちんとその福音を知らなければなりません。福音はただ神からのお言葉ではなく、私たちの人生においての重要なニュースなのです。

2. 備えるべき事柄

ガブリエルは、マリヤとザカリヤに対して男の子が生まれることを伝えに来ただけではありません。ザカリヤには子どもにヨハネとつけよと言われ、またマリヤには31節「名をイエスとつけなさい」と命じたのでした。その名は、ユダヤ人の言葉で“神が民を救いたもう”という意味です。その名のとおり、イエスを通して現代まで救いが広がっています。マリヤは御使いが言われたとおり誕生まで備え、その名をつけたのです。その名を信じる者は神の子となる特権が与えられています。

3. 神の御業を受け入れる

ガブリエルから知らせを聞いたとき、マリヤはどうしてそのようなことが起こり得るのか尋ねます。御使いは、「聖霊があなたの上に臨み、いと高き方の力があなたをおおいます・・・神にとって不可能なことは一つもありません」(35~37節)と断言します。その言葉を聞いたときマリヤは素直に受け入れました。

一方、ヨハネが与えられると聞いたザカリヤは、御使いの言葉を信じきることができませんでした。御使いの言葉を信じられないということは、つまり神が与えて下さった約束を信じられないということに結びつきます。確かに神は恵みを与えて下さいます。しかし、その恵みを受け取るということは「信じる」ことから始まります。この世の法則では不可能なことさえ、神にはできるのです。主を信じるとき、私たちは救われ新しく造り変えられるのです。

ただクリスマスを眺めて終わるのではなく、主のグッドニュースである福音を知り、受け入れる心の備えをし、神に不可能はないと信じるならば、あなたやあなたの愛する人の上に、神の御業は必ず起こるのです。

万代栄嗣(まんだい・えいじ)

松山福音センターの牧師として、全国各地、そして海外へと飛び回る多忙な毎日。そのなかでも宗教を超えた各種講演を積極的に行っている。国内では松山を中心に、福岡、鹿児島、東京、神戸、広島、高松にて主任牧師として活動中。キリスト教界のなかでも、新進気鋭の牧師・伝道者として、注目の的。各種講演会では、牧師としての人間観、ノイローゼのカウンセリングの経験、留学体験などを土台に、真に満足できる生き方の秘訣について、大胆に語り続けている。講演内容も、自己啓発、生きがい論、目標設定、人間関係など多岐にわたる。

また、自らがリーダー、そしてボーカルを務める『がんばるばんど』の活動を通し、人生に対する前向きで積極的な姿勢を歌によって伝え続け、幅広い年齢層に支持されている。

国外では、インド、東南アジア、ブラジル等を中心に伝道活動や、神学校の教師として活躍している。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース