正直な信仰に応えられる神 万代栄嗣

2014年10月29日17時31分 コラムニスト : 万代栄嗣 印刷
関連タグ:万代栄嗣
+万代栄嗣牧師
万代栄嗣牧師

・・・ハンナの心は痛んでいた。彼女は主に祈って、激しく泣いた。そして誓願を立てて言った。「万軍の主よ。もし、あなたが、はしための悩みを顧みて、私を心に留め、このはしためを忘れず、このはしために男の子を授けてくださいますなら、私はその子の一生を主におささげします。そして、その子の頭に、かみそりを当てません。」ハンナが主の前で長く祈っている間、エリはその口もとを見守っていた。ハンナは心のうちで祈っていたので、くちびるが動くだけで、その声は聞こえなかった。・・・(第1サムエル記1:9~18)

秋たけなわです。秋ならではの行事においても祝福をいただきましょう。私たちは、神が共にいて下さって恵みを体験することができます。そのためにも、あなたの日々の生活の中での具体的な事柄を祈ろうではありませんか。世間の人々の教会に対するイメージは、よほどの悩みや問題のある人々がかよう所という固定観念があるようです。ですから、本来の教会らしく、もっと力強く前向きな本物の信仰を伝えていかなければならないという思いでいます。

自分の悩みは、本当の意味では誰からも理解されないし、解決もできない。そのような孤独感、沈痛な思いから神に祈った一人の女性、ハンナを神がどのように祝福して下さったのか、またハンナの祈る姿勢はどのようなものだったのか、この2つの事柄に注目し、私たちも神の恵みに与りたいと思います。

1. 本音の祈りを神は聴いて下さる

私たちが神に祈り求めるものは、特別大きな素晴らしいビジョンである必要はなく、ごく個人的な祈りも神は聞いてくださいます。ハンナの心は痛んでいたし、激しく泣いて、心を注ぎ出して祈ったのです。見かけの良い願いや形だけの祈りではなく、あなたの本心、本音から祈ることが大切です。そのような祈りを神は受け入れて下さるのです。神の前に信仰を働かせて祈るときの姿勢、それは正直な祈りであることです。求めてもいないことを美辞麗句で飾り、うわべだけの外交辞令のような祈りで終わらないことです。

あなたの祈りが、本当に正直な祈りになっているかを見直し、そこからもう一度自分自身の祈りを立て直しませんか? 信仰生活は、力みすぎずに身の丈にあった祈りや行動を継続することによって成長し、恵みが増し加わっていくのです。

2. 自分のできる信仰を行動に移す

神が求めておられるのは、何か特別に難しいことではありません。ハンナは自分の思いを単に神にぶつけたのではなく、祈りという形にしました。さらにハンナは、子どもを与えてくださるなら、その子を神に捧げますと、自分も神に誓ったのです。

ハンナの祈りは、特別な求め方、特別な信仰の働かせ方をしたのではありません。祭司の目には酒に酔っているように見えるような祈り方で、決して体裁の良い祈りではありませんでした。けれども、彼女の心から湧き上がってくる正直な思い、願いを自分ができるスタイルで神に祈り、神から与えられた思いを自然に誓ったのです。それにより彼女の祈りは応えられたのです。ハンナのように本音の祈りを主にささげ、信仰の行動を形にしましょう。そうすれば、必ずあなたの祈りも応えられます。

無名の信仰者ハンナの祈りですが、旧約聖書の大切なサムエル記はこの物語から始まるのです。このあとどうなったでしょうか?彼女にサムエルという男の子が与えられます。サムエルは、イスラエルの最初の王サウルを選び、偉大な王、ダビデに油を注いで神の民イスラエルの偉大な歴史を開いていく預言者となるのです。その素晴らしい歴史の始まりが、一人の女性の心の痛みから始まったことを見落とさないようにしましょう。神により、あなたの思いをはるかに超える祝福が実現することを信じて、まず本音の祈りからあなたの信仰を働かせましょう。

万代栄嗣(まんだい・えいじ)

松山福音センターの牧師として、全国各地、そして海外へと飛び回る多忙な毎日。そのなかでも宗教を超えた各種講演を積極的に行っている。国内では松山を中心に、福岡、鹿児島、東京、神戸、広島、高松にて主任牧師として活動中。キリスト教界のなかでも、新進気鋭の牧師・伝道者として、注目の的。各種講演会では、牧師としての人間観、ノイローゼのカウンセリングの経験、留学体験などを土台に、真に満足できる生き方の秘訣について、大胆に語り続けている。講演内容も、自己啓発、生きがい論、目標設定、人間関係など多岐にわたる。

また、自らがリーダー、そしてボーカルを務める『がんばるばんど』の活動を通し、人生に対する前向きで積極的な姿勢を歌によって伝え続け、幅広い年齢層に支持されている。

国外では、インド、東南アジア、ブラジル等を中心に伝道活動や、神学校の教師として活躍している。

関連タグ:万代栄嗣

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナの最新ニュース
国内外の発生状況
4月9日午後11時更新、( )内は前日比
日本世界
感染者数 5,538
(+568)
1,502,618
死者数 108
(+3)
89,733
回復者数 685
(+53)
337,074
<出典> 日本:JX通信社、世界:John Hopkins CSSE
※日本の数はクルーズ船乗員・乗客を除く

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース