キリストの居場所を心の中に整えよう 万代栄嗣

2014年12月24日07時03分 コラムニスト : 万代栄嗣 印刷
+万代栄嗣牧師
万代栄嗣牧師

「そのころ、全世界の住民登録をせよという勅令が、皇帝アウグストから出た。・・・人々はみな、登録のために、それぞれ自分の町に向かって行った。ヨセフもガリラヤの町ナザレから、ユダヤのベツレヘムというダビデの町へ上って行った。彼は、ダビデの家系であり血筋でもあったので、身重になっているいいなずけの妻マリヤもいっしょに登録するためであった。ところが、彼らがそこにいる間に、マリヤは月が満ちて、男子の初子を産んだ。それで、布にくるんで、飼葉おけに寝かせた。宿屋には彼らのいる場所がなかったからである」(ルカの福音書2章1~7節)

今日の箇所はクリスマスの有名な物語で、よく朗読されるキリストの誕生の箇所です。3つのことを確認したいと思います。

1. イエスはどこで生まれたか

ぜひ注目してほしいのです。ルカは単なる神話や伝説で終わらせたくなく、詳しく語ろうとしています。1節から地理的な情報が全世界からガリラヤ、ユダヤのベツレヘムへと最近のグーグルアースで検索するように、焦点が絞られています。ルカは精いっぱいキリストの居場所を明らかにしようとしますが、しかし、最後の最後、一番肝心な部分が不明なのです。それはあたかも、今の世の中で流行っているクリスマスと似ているかもしれません。人々は盛大にクリスマスのお祝いをしますが、主役であるイエスにお会いしないままで終わっています。イエスの居場所は不明確なままです。そこに本当の救いはありません。

2. イエスをどこにお迎えするか

7節には人口調査のために宿屋はいっぱいで彼らには居場所がなく、イエスは飼い葉桶に寝かされていたとあります。イエスがお生まれになったのは、綺麗な病院ではなく、汚くて臭い家畜小屋で、イエスの命は飼い葉桶に横たえられていたのです。私たちは一体どこでイエスの命をお迎えするのでしょうか。お迎えしている心の場所はどんな場所でしょうか。私たちはぜひ自分の心のど真ん中にイエスをお迎えする者でありたいし、私たちのどこを切っても、どの場面を人々に見ていただいても、クリスチャンとしての香りが漂っているようにしたいと思います。父の恒雄牧師が、クリスチャンであることを隠すべきではないとよく語っていました。私たちはイエスの恵みを知っているはずです。困った時の神頼み的な身勝手な信仰ではなく、心のど真ん中、心の一番良い場所に、イエスを常にお迎えしようではありませんか。

3. へりくだってお迎えする

キリストは、王家の王子としてではなく、冷たく汚い飼い葉桶の中に御自分の命を置かれたのでした。飼い葉桶の汚くて冷たい木は、イエスの御生涯の最後に触れなければならない十字架の冷たさを物語っています。イエスが神でありながら、人となられた理由は、私たちの罪を背負って十字架で死ぬためでした。イエスの御生涯の最初から、この世の冷たさや罪の醜さを、その赤子としての肌身を通して味わわれたのです。このイエスを心から感謝してお迎えしようではありませんか。主よ、あなたのおられる所は、今、私のいるこの場所に他なりませんと自分の命を差し出そうではありませんか。汚い飼い葉桶のような私たちの心ですが、悔い改めながら、救い主、癒やし主であるイエス様をお迎えしたいと思います。そうすれば、インマヌエルの神、主が共にいて下さいます。

万代栄嗣(まんだい・えいじ)

松山福音センターの牧師として、全国各地、そして海外へと飛び回る多忙な毎日。そのなかでも宗教を超えた各種講演を積極的に行っている。国内では松山を中心に、福岡、鹿児島、東京、神戸、広島、高松にて主任牧師として活動中。キリスト教界のなかでも、新進気鋭の牧師・伝道者として、注目の的。各種講演会では、牧師としての人間観、ノイローゼのカウンセリングの経験、留学体験などを土台に、真に満足できる生き方の秘訣について、大胆に語り続けている。講演内容も、自己啓発、生きがい論、目標設定、人間関係など多岐にわたる。

また、自らがリーダー、そしてボーカルを務める『がんばるばんど』の活動を通し、人生に対する前向きで積極的な姿勢を歌によって伝え続け、幅広い年齢層に支持されている。

国外では、インド、東南アジア、ブラジル等を中心に伝道活動や、神学校の教師として活躍している。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース