OMFインターナショナル、来年150周年 記念本出版・全国6カ所で宣教大会開催へ

2014年6月28日08時41分 印刷

東アジアの宣教を行なっているプロテスタントの宣教団体「OMFインターナショナル」が来年、創設150年を迎える。日本国内でもこれを記念する準備が進められており、来年は全国6都市で、OMFインターナショナル総裁のパトリック・フン夫妻らを講師とした宣教大会を開催する。また、記念本の出版も計画されている。

OMFインターナショナルは、英国人宣教師ハドソン・テーラーによって1865年に創設された中国奥地伝道団(China Inland Mission)にルーツを持つ。1994年に現在のOMFインターナショナルに改名し、現在は国際本部をシンガポールにある。働いている宣教師は、実に24カ国から約1300人に上る。

日本では、日本国内の諸教会からワーカーを派遣するため、1966年にOMFインターナショナル日本委員会が設置された。

来年の記念宣教大会は、来年6月に、札幌(6〜7日)、仙台(9日)、東京(11〜13日)、大阪(14日)、名古屋(19日)、福岡(21日)の6都市で開催を予定している。テーマは、「温故創新 — Remember, Rejoice, Renew」。

国内では委員5人とオブザーバー1人からなる記念事業委員会が立ち上げられ、今月12日には第6回委員会が行なわれ、全国6カ所での宣教大会、記念本出版のための話し合いが行なわれたことを、OMFインターナショナル日本委員会はフェイスブックで伝えている。

「この事業を通して宣教の主の栄光が現されるように、日本の教会が宣教のチャレンジを受けるときとなるようにお祈りください」と、祈りを呼び掛けている。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース