1週間かけ東京都内の各所を伝道「ONE WEEK TO SHINE」 OCCの一室借り切り、祈りと集会も

2014年6月18日17時50分 記者 : 内田周作 印刷
+1週間かけ東京都内の各所を伝道「ONE WEEK TO SHINE」 OCCの一室借り切り、祈りと集会も
最終日14日の午前は、渋谷から原宿まで大規模なダンス&フラッシュモブのアウトリーチ(伝道)をした。(写真:7MEDIA)

世界的な祈りの日「Global Day of Prayer」(GDOP)から、世界的な伝道の日「Global Outreach Day」(G.O.D.)までの1週間にわたって、国際的なチームによる伝道活動「ONE WEEK TO SHINE」が行われた。世界7カ国12都市から参加者が集まり、東京都内の各所でダンスや音楽、フラッシュモブなどを行い、道行く人々に証し入りのニュースレターを配るなどしてイエス・キリストを伝え、共に祈る時間を持った。

今年のペンテコステは6月8日。聖霊降臨祭として、プロテスタントからカトリックまで全世界の教会で祝われるが、この日は、世界的な祈りの日でもある。ペンテコステを中心に、その前10日間、その後90日間も含めて祈り合う「GDOP」は、2000年に南アフリカから始まり、現在は世界220カ国に広がる祈りの働きとなっている。

「ONE WEEK TO SHINE」も、この祈りの日「GDOP」からスタートした。東京・表参道にある東京ユニオンチャーチを会場に、日本社会の様々な領域のための祈る集いを開いた。ゴスペルシンガーの横山大輔が賛美をリードし、未来を担う若者たちが、青年、子ども、ビジネス、震災地東北といった各トピックのために、紹介映像とともに祈り、様々な教派から集まった参加者もこれらの祈りに心を合わせた。

1週間かけ東京都内の各所を伝道「ONE WEEK TO SHINE」 OCCの一室借り切り、祈りと集会も1週間の伝道活動「ONE WEEK TO SHINE」は、世界的な祈りの日「Global Day of Prayer」(GDOP)に合わせて始まった=8日、東京ユニオンチャーチ(東京・表参道)で1週間かけ東京都内の各所を伝道「ONE WEEK TO SHINE」 OCCの一室借り切り、祈りと集会もお茶の水クリスチャン・センター(OCC)で行われたオリエンテーション。様々な国籍のスタッフが参加した=9日(写真:7MEDIA)

そして、9日から13日までの平日5日間は、東京・御茶ノ水にあるお茶の水クリスチャン・センター(OCC)の一室を借り切り、午前は祈りと集会を持ち、午後は毎日、秋葉原や新宿、池袋、渋谷といった都内の各所、また横浜市の桜木町へと伝道に出掛けた。

今回はアメリカやカナダ、オーストラリア、スイス、シンガポール、中国、韓国など、海外からの参加者が多く集まった。約50人のチームで、フラッシュモブや「PRAYER WALK」として、道行く人々に証し入りのニュースレターや、ロゴ入りのリストバンドを手渡した。新宿では歌舞伎町も訪れ、コーディネーター役を務めた宣教師のアンディ・ゲーム(Andy Game)氏は「ヤクザやホステスのような人たちにも伝道しました。涙を流す人もいました」と語った。

「1週間毎日出掛けて、東京の異なる地域に行き、いろいろと面白いことをしました。ヒップホップダンス、パーコウ(Parkour)、ミュージック、フラッシュモブ。多くの人々と良くつながることができ、路上で多くの人々のために祈る機会を持つことができました。彼らの祝福を祈ったり、またイエス様を紹介しました」とゲーム氏。毎日、イエスを自分の人生に受け入れたい、もっとイエスについて知りたいという人々が起こされ、「各地域のクリスチャンや教会につなげたいと思っています」と言う。

5日間はあいにく雨が多かったが、聖書のメッセージをイメージ化したロゴ入りの傘を差しつつ伝道した。傘はフラッシュモブ用のアイテムとして用意したものだったが、伝道用のツールとしてのインパクトもさることながら、実用面でも活躍したようだ。

1週間かけ東京都内の各所を伝道「ONE WEEK TO SHINE」 OCCの一室借り切り、祈りと集会も
秋葉原での伝道の様子=10日(写真:7MEDIA)
1週間かけ東京都内の各所を伝道「ONE WEEK TO SHINE」 OCCの一室借り切り、祈りと集会も
期間中は雨が多かったが、フラッシュモブ用に用意したロゴ入りの傘を差して伝道した=11日、東京・新宿で(写真:7MEDIA)

最終日の14日はそれまでの雨天とは打って変わって晴天に恵まれた。午前には渋谷から原宿までのダンス&フラッシュモブ伝道、午後には日比谷公園の野外音楽堂でコンサート「JOY FESTIVAL」を行った。

「JOY FESTIVAL」には、ニューホープ横浜ゴスペルフラ、Samuelle、ヤマモトカオリ、横山大輔、MARISA、ハレルヤ・ゴスペル・ファミリー、レイ・シドニー(Ray Sidney)ら、多数のアーティストが出演。ステージ脇には、「ONE WEEK TO SHINE」の伝道ツールのデザインにも携わったデザイン会社や、ヒーリング(癒し)、スポーツ・アウトリーチなどいくつかのブースも設置された。「多くのコラボレーションをしました。私たちはコラボレーションが大好きです」とゲーム氏は言う。

1週間かけ東京都内の各所を伝道「ONE WEEK TO SHINE」 OCCの一室借り切り、祈りと集会も「ONE WEEK TO SHINE」の最後のイベントとして、日比谷公園の野外音楽堂で行われたコンサート「JOY FESTIVAL」=14日1週間かけ東京都内の各所を伝道「ONE WEEK TO SHINE」 OCCの一室借り切り、祈りと集会も「JOY FESTIVAL」で司会をする真島亨牧師(ニューホープ横浜)=14日、東京・日比谷公園で

一方、「G.O.D.」は、一般のクリスチャンがそれぞれの才能と機会を生かして、さまざまな方法で行う伝道の働き。世界各地でこの日、形にこだわらない様々な伝道が行われたが、一般の伝道集会のように説教者が立てられることはない。「JOY FESTIVAL」でも、メッセージの時間は特に設けられず、出演者が証しや賛美を通して、神の愛を伝えた。

最後には、司会の真島亨牧師(ニューホープ横浜)が、「聖書には良いニュース(ゴスペル・福音)が書かれているのです。それは、今みんなが歌ってくれた、神様がみんなを愛しているのだということなのです」「この神様の愛をみなさんにも少しでも知ってほしいし、分かち合いたいと思っています」と話し、出演アーティスト全員と約500人の参加者全員で「Oh Happy Day」を歌った。

「GDOP」が今年15年目を迎える運動であるのに対し、「G.O.D.」は今年で3年目の比較的新しい運動だ。ドイツの宣教団体「No Limit」の代表であるワーナー・ナッチガル(Werner Nachtigal)牧師を中心に2012年に始まった。しかし、参加するクリスチャンの数はすごい広がりを見せ、過去2年間で2500万人が参加している。

「G.O.D.」の働きを日本で公式パートナーとして行っているのはゲーム氏がCEOを務める7MEDIAという会社。ゲーム氏が、インドネシアで開催された宣教会議でナッチガル氏と知り合い、日本への火付け役を担った。昨年は、渋谷でフラッシュモブを行うだけだったが、今年はこれを拡張して1週間の「ONE WEEK TO SHINE」にした。

「『ONE WEEK TO SHINE』は、祈りと伝道のための日本独自の新しいイニシアティブです」とゲーム氏。「開催するのは今年が初めてですが、もっと大きくして、毎年開催していきたいです。私たちのためではなく、イエス様の名が日本で知られるように」と言う。

ゲーム氏は、英国発の伝道プログラム「アルファ・コース」を日本に紹介した宣教師で、日本ではアルファ・ジャパンを設立し、10年間その代表を務めた。2011年8月に、「社会の7つの領域を包含する新しいマルチメディア・ミニストリー」をコンセプトに7MEDIAを設立し、1)アート・エンターテイメント、2)ビジネス・職場、3)コミュニケーション、4)ディスアドバンテージ(傷ついた人々への働き)、5)教育、6)家族、7)政府・リーダーシップ、の7つの領域で伝道の働きをしようと取り組んでいる。

1週間かけ東京都内の各所を伝道「ONE WEEK TO SHINE」 OCCの一室借り切り、祈りと集会も
JR秋葉原駅前で、証しが入ったニュースレターを手渡す「ONE WEEK TO SHINE」の参加者=10日(写真:7MEDIA)
1週間かけ東京都内の各所を伝道「ONE WEEK TO SHINE」 OCCの一室借り切り、祈りと集会も
聖書のメッセージをイメージ化したロゴ入りリストバンドを付けポーズをとる「ONE WEEK TO SHINE」の参加者と子どもたち(写真:7MEDIA)

すでに、1)の働きとしては、デザイン性溢れるツールで主に青年伝道を行っている「THE 4 POINTS」、2)の働きとしては、朝食会や夕食会を開くなどしてビジネス伝道の場としている「YOUNG PROFESSIONALS」、3)の働きとしては、今回の「ONE WEEK TO SHINE」、4)の働きとしては、主に東日本大震災の被災者向けに発している「HopeForLiving.net」がある。

この1週間、ゲーム氏は「多くの時間を祈りのために割きました。毎朝祈り、世界の10都市以上からいろいろな参加者が集まり、一緒に祈りました」と言う。また、「この働きが、日本のみなさんが、友人や家族など誰かに伝道することへの刺激、励ましになれば」と語った。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

代々木公園のホームレス伝道「通路チャペル」 ココロケアの働き

「神の御心に歩む道こそ、人生で最善の道」 第55回大阪ケズィック

イスラエル建国記念式典に日本のクリスチャン音楽家約40人が出演へ 決起集会に850人

リバイバルの鍵は「ディボーション」と「分かち合い」 台湾で急成長する12教会を視察

「オリンピックは宣教の好機」 米宣教団体SIMが熊本、宮城に派遣の短期宣教師を募集

hi-b.a. 代表スタッフが語る「次世代への信仰継承」 断食祈祷聖会(1)

「せかゆる」現象に見る現代キリスト教伝道事情:上馬キリスト教会のMAROさんが再び同志社大にやって来た!(2)

「せかゆる」現象に見る現代キリスト教伝道事情:上馬キリスト教会のMAROさんが再び同志社大にやって来た!(1)

日本の「キリスト教系」信者は192万人、2019年版『宗教年鑑』発表

YWAM東京の実践的伝道セミナー「ミリオンライツ」(後編)祖父と同じ地で受けた伝道への召命

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース