バチカン、児童虐待で聖職者848人の資格剥奪

2014年5月13日11時50分 印刷

【CJC=東京】バチカン(ローマ教皇庁)は5月6日、聖職者による児童への性的虐待問題で、2004年以来、約3400件の事件を認定、聖職者848人の資格を剥奪したことを明らかにした。

ジュネーブで開かれた国連の拷問禁止委員会の調査会で公表したもので、このほか2572人が何らかの処分を受けたという。

児童虐待問題は、欧米などで09年前後に相次いで明らかになった。被害者団体は、バチカンが問題を隠してきたと批判する。

国連子どもの権利委員会はこの2月5日、バチカンの対応が不十分だと非難する報告書を発表した。報告書によれば被害に遭った児童は全世界で「数万人」に上るという。バチカンは子どもの権利条約の締約国。

報告書のなかで同委員会は、バチカンが犯罪の規模の大きさを認識していないことや、子どもへの性的虐待や子どもの保護への対応に必要な措置を採らないこと、加害者を別の教区に異動させるなどして事件の隠ぺいを図ったことなどを指摘、「子どもにとっての最善よりも教会の名声と加害者の保護を優先した」と非難した。

バチカンは、2011〜12年に児童への性的虐待が原因で400人近い聖職者が自主的に聖職を放棄したり、解任されたりしたことを認めた、と今年1月報じられたが、今回発表された資格剥奪聖職者数はその2倍以上になっている。

※この記事はCJC通信の提供記事を一部編集して掲載したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース