ローマ教皇「児童への性的虐待という悪に個人的にゆるしを」

2014年4月15日12時06分 印刷

【CJC=東京】教皇フランシスコは4月11日、国際カトリック児童事務局の使節と会見した。

バチカン放送(日本語電子版)によると、教皇は使節への挨拶で、より良く構築された社会は、子どもと高齢者を大切にする社会であると述べ、子ども達は未来を担い、歴史を前進させる力であり、高齢者は人民の知恵を備え、それを伝える役割があると語った。

教皇は教会関係者による未成年の虐待に言及。司祭たちによる児童への性的虐待という悪に対し、個人的にゆるしを乞いたいと述べた。そして教会はそれが与えた被害を自覚しており、この問題に対する対処と処罰において一歩も引くことなく、強く立ち向かう必要を感じていると表明した。

また教皇は、子ども達を労働力として搾取すること、少年兵士として徴兵することなど、あらゆる形の未成年への暴力を無くすように訴えたほか、20世紀の歴史の悲劇に見られたような、子どもたちを一つの思想に染め、独裁的な道を歩ませるための作為的教育を行なうことがないようにとも警告した。

国際カトリック児童事務局(本部パリ)は1948年、子どもたちの保護を目的に、教皇ピオ12世の希望により創立されて以来、子どもたちの権利を守り、推進するために活動、1989年国連で採択された「こどもの権利条約」にも貢献してきた。

※この記事はCJC通信の提供記事を一部編集して掲載したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナの最新ニュース
国内外の発生状況
4月10日午前7時更新、( )内は前日比
日本世界
感染者数 5,547
(+511)
1,587,209
(+82,837)
死者数 108
(+4)
94,850
(+6,287)
回復者数 685
(+53)
353,291
(+16,217)
<出典> 日本:JX通信社, 厚労省 世界:JH CSSE, WHO
※日本の数はクルーズ船乗員・乗客を除く

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース