米最大のメガチャーチで献金6千万円盗難 カード情報なども

2014年3月12日22時38分 記者 : 内田周作 印刷
+米最大のメガチャーチで献金6千万円盗難 カード情報なども

米最大のメガチャーチとして知られるレイクウッド教会(テキサス州ヒューストン、ジョエル・オースティーン牧師)から、献金60万ドル(約6150万円)が盗まれたことが明らかになった。

レイクウッド教会は10日、同教会のウェブサイトで、先週末の8日(土)と9日(日)に行われた礼拝で献金された現金、小切手、クレジットカードの情報が書かれた封筒などが盗まれたことを明らかにした。米クリスチャンポスト紙などの報道によると、盗まれた総額は60万ドル(約2050万円)に上るという。

レイクウッド教会はこの2日間に献金した信徒らに対して、自身の口座に注意し、不審な取引などがあった場合はすぐに金融機関やクレジット会社へ連絡するよう呼び掛けている。盗まれた献金は、8日と9日の礼拝で直接献金されたものに限られ、オンライン決済などの電子取引での献金については影響がないという。

レイクウッド教会は現在、警察と協力して徹底した捜査を行っている。一方、献金には保険がかけられており、今回盗まれた献金へ対する補償の手続きを進めているという。

ジョエル・オースティーン牧師が1959年に創立したレイクウッド教会は、毎週末の礼拝参加者が4万人を越える全米最大の教会としてしられている。礼拝の模様はテレビ配信されており、世界100カ国以上で配信されている。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース