世界はわが教区―ジョン・ウェスレーの生涯

世界はわが教区―ジョン・ウェスレーの生涯(1)猛火から救われて

世界はわが教区―ジョン・ウェスレーの生涯(4)エプオース村の改革

成績がずば抜けて優秀だったので、ゆくゆくは大学に残って学者か教授になるだろうと期待されたのだが、意外にも彼は健康がすぐれない父親を助けるために副牧師となり、エプオースに帰ったのだった。

2020年11月18日13時26分

世界はわが教区―ジョン・ウェスレーの生涯(1)猛火から救われて

世界はわが教区―ジョン・ウェスレーの生涯(3)潔い生活への招き

高等学校を卒業したウェスレーは、オックスフォードのカーディナル・カレッジに入学した。彼は相変わらずよく勉強したが、決して無口で偏屈な勉強家ではなく、友人との会話を楽しみ、極めて自由に大学生活を送っていた。

2020年11月04日18時02分

世界はわが教区―ジョン・ウェスレーの生涯(1)猛火から救われて

世界はわが教区―ジョン・ウェスレーの生涯(2)友の重荷を背負う

11歳になったジョンは、父親の友人であるバッキンガム侯爵の援助でロンドンのチャーター・ハウス校に入学することになった。彼はよく勉強し、品行方正だったので教師たちから目をかけられ、かわいがられた。

2020年10月21日12時04分

世界はわが教区―ジョン・ウェスレーの生涯(1)猛火から救われて

世界はわが教区―ジョン・ウェスレーの生涯(1)猛火から救われて

1709年。英国のエプオースにあるサムエル・ウェスレー牧師の牧師館が突然猛火に包まれた。すでに飼い犬と牛が殺され、2階の窓から子どもたちが顔を出して助けを求めている。

2020年10月07日15時35分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース