木下和好の記事一覧

木下和好

富についての考察(60)才能は選択された種 木下和好

Talent(才能)という英語の語源がギリシャ語のタラント(お金の単位)であることからも分かるように、才能と富には密接な関係がある。

2016年08月08日7時20分

木下和好

富についての考察(59)起こらないことへの投資 木下和好

われわれには「1度も体験したことがない」事が多い。でも「体験したことがない」という事実は「起こらない」ことを保証しない。何かが起こるか起こらないかは、体験ではなく確率の問題である。心構えを体験にだけ頼ると大きな失敗を犯すことになる。

2016年08月01日6時08分

木下和好

富についての考察(58)本音を示す経済力 木下和好

「富んでいる者が神の国にはいるよりは、らくだが針の穴を通る方が、もっとやさしい」というキリストの言葉は、富を得たいと思っている人たちにとって大きなプレッシャーとなる。完全に富の否定に見えるからだ。

2016年07月25日22時58分

木下和好

富についての考察(57)アガペーと経済原理 木下和好

長い間その意味がよく分からなかった聖書の言葉があった。それは「ふたりでも三人でも、わたしの名において集まる所には、わたしもその中にいるからです」(マタイの福音書18:20)というイエスの言葉である。

2016年07月18日9時05分

木下和好

富についての考察(56)正しいことVS適切なこと 木下和好

正しいことと適切なことは同じではない。適切なこととは、適切な状況下で正しいことを行うことを意味する。正しいことでも不適切な状況下で行われれば、正しいとは言えない。

2016年07月11日7時39分

木下和好

富についての考察(55)重さゼロの危険性 木下和好

私は港町に生まれ育ったが、停泊中の船がいとも簡単に動くのに驚いたことがある。停車中のトラックを押してもてこでも動かないのに、その何十倍もの重さの船を留めてあるロープを足で押さえつけると、大きな船が少しずつ自分に近づいて来るのだった。

2016年07月04日6時15分

木下和好

富についての考察(54)認識の癖 木下和好

私は自ら記入した電話番号やID番号などに間違いがないかどうかを確かめるとき、何度も読み直すのではなく、必ず逆から読み返すようにしている。

2016年06月28日7時30分

木下和好

富についての考察(53)有効期限 木下和好

われわれは数多くの「有効期限」に囲まれて生きている。いつ有効期限を迎えるかは事と次第による。私はある時、温泉旅館のオーナーから2枚の無料宿泊券をもらった。でも忙しくてなかなか行けず、15年も過ぎてしまった。

2016年06月20日17時30分

木下和好

富についての考察(52)あえて知らない道を選ぶ 木下和好

私は車でどこかに複数回行くとき、毎回同じ道を行くのではなく、あえて知らない方の道を選ぶことがしばしばある。その理由は、地図がより立体的になることと、もしかして新しい道の方が通りやすく近道の可能性もあるからだ。

2016年06月14日9時44分

木下和好

富についての考察(51)セールスが基本 木下和好

日本のクリスチャン人口はいまだに1パーセント未満であるが、私はその原因の一つが、セールスの基本を忘れてしまっているところにあると思う。クリスチャンたちに何かビジネスを勧めるときに返ってくる反応の多くは「セールスは苦手です」である。

2016年06月06日17時27分

木下和好

富についての考察(50)話題の聖と俗 木下和好

立派なクリスチャンの中に、崇高な話しかしない人がいる。そのような人と2人きりになったとき、かなり俗的な私は会話が途切れてしまい、気まずい思いになる。ある教会で、牧師がメッセージの中でしばしば俗的な内容を話題にするので、それに抗議した会員がいた。

2016年05月30日11時44分

木下和好

富についての考察(49)ガラス張りの人生 木下和好

われわれの人生には補色がある。補色とは、ある色をしばらく見つめた後、白い紙に目を移したときに残像として現れる色のことで、赤色に対する補色は青緑色、黄色に対する補色は青紫色といった具合である。

2016年05月23日6時56分

木下和好

富についての考察(48)曖昧な知識と危険領域 木下和好

認識が曖昧であると、危険領域が広がってしまう。それゆえ無知な人の行動範囲は制限される。例えば高圧線の中継塔を囲むフェンスは、素人のために造られている。

2016年05月16日6時44分

木下和好

富についての考察(47)パスワードから学ぶこと 木下和好

信仰、スポーツ、あるいはビジネスにおいて「修行」は必要なのだろうか?「修行」という言葉には「精神を鍛える」という意味があり、それは「難行苦行」や「でっち奉公的下働き」の概念にもつながっていく。

2016年05月09日6時44分

木下和好

富についての考察(46)神の祝福と経済の祝福の関係 木下和好

われわれは、神の祝福を霊的祝福に限定して考える傾向がある。富に対する後ろめたさがあるからだと思う。「富=悪」と考える人たちさえいる。でも聖書をよく読むと、祝福が精神的あるいは霊的領域に限られているとはどうしても思えない。

2016年05月03日17時49分

木下和好

富についての考察(45)労働報酬VSサポート 木下和好

労働報酬に関して、聖書には一見不合理に思えることが書かれている。それは1日1デナリのぶどう園での仕事で、朝早くから働いていた人も、終わる寸前の5時ごろから働き始めた人も、皆同じ賃金をもらった話である(マタイの福音書20:1~16)。

2016年04月25日23時51分

木下和好

富についての考察(44)「忙しい」は価値観の表明 木下和好

私は忙しい人と思われているらしく、「お忙しい中、申し訳ございません」とよく言われる。でも毎日忙しいと思って生活してはいない。

2016年04月19日1時56分

木下和好

富についての考察(43)適切な歩幅 木下和好

信仰であれ、学びであれ、スポーツであれ、あるいはビジネスであれ、アドバイスする立場にある者が犯しやすい過ちは、自分の成功パターンをそっくりそのまま他人に押しつけることだ。

2016年04月11日23時00分

木下和好

富についての考察(42)代案の必要性 木下和好

教会では、献金は別として「お金がもっと欲しい」といったタイプの話がタブー視される傾向がある。「あなたがたは、神にも仕え、また富にも仕えるということはできません」(ルカ16:13)という聖書の教えがその背景にあると私は思う。

2016年03月28日22時12分

木下和好

富についての考察(41)All in One Basket 木下和好

「キリスト教が愛と赦(ゆる)しと寛容な宗教であるなら、なぜそんなにも多くの教団があるのか?」という質問を受けたことが何度かある。

2016年03月14日15時48分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース