神内源一の記事一覧

神内源一

御霊のクリスチャン(5) 神内源一

モーセは奉仕するまでに40年苦労しました。私たちもクリスチャン生活の中でさまざまな問題、苦難、試練がありますが、何のためにそれらを経験するのか知っています。それは、「自分に死ぬ」ためです。

2015年04月02日11時43分

神内源一

御霊のクリスチャン(4) 神内源一

人は必ず、死後に神の裁きを受けます。その時、神を信じず、悪いことばかりして天国に入る人はいません。イエス様を信じなければ、天国に入ることはできません。

2015年03月30日15時56分

神内源一

御霊のクリスチャン(3) 神内源一

弟子たちには、奥義を知ることが許されています。イエス様は4つの種の話について弟子たちに説明されました。

2015年03月26日10時10分

神内源一

御霊のクリスチャン(2) 神内源一

多くの人に神が分からないのは、神が霊だからです。霊は霊によって分かります。人は霊、たましい、体でできています。ご飯は口に入れてお腹に入ります。頭で本を読みますが、神様の言葉は心で食べます。

2015年03月23日20時12分

神内源一

御霊のクリスチャン(1) 神内源一

4種類の種が出てきましたが、これは神様が、私たち人間にはいろいろな種類があるということを例えているのです。4つありますが、人間は大きく分けて、3つにまとめられます。

2015年03月19日11時52分

神内源一

ヨハネ8章より 罪の赦しについて(7) 神内源一

聖書は、私たちに罪の赦しによる救いの知識を与えるものです。私たちは罪赦されています。赦されたなら、私たちは心優しい者になるのです。私たちは罪を犯します。パウロはそのことをしっかりと教えてくれています。

2015年03月16日9時45分

神内源一

ヨハネ8章より 罪の赦しについて(6) 神内源一

姦淫の女のその後の人生はどうなったのでしょうか。彼女は、いのちの光をもち、その道を歩む人になったと思います。罪赦され、神の赦しを体験して、人を赦せる人になったと思います。祝福された者、天に宝を積む者になったと思います。

2015年03月12日6時14分

神内源一

ヨハネ8章より 罪の赦しについて(5) 神内源一

アダムとエバが善悪を知る木の実を食べて地がのろわれ、人生がのろわれてしまった、そのあとです。「神である主は、アダムとその妻のために、皮の衣を作り、彼らに着せてくださった」(創世記3:21)。

2015年03月09日14時27分

神内源一

ヨハネ8章より 罪の赦しについて(4) 神内源一

姦淫の女にも罪の意識がありました。石を投げるように訴えたパリサイ人や律法学者も罪があり、罪を意識していました。彼らを救うためにも、イエス様が来られたのです。

2015年03月05日5時59分

恵那レーマミニストリー

ヨハネ8章より 罪の赦しについて(3) 神内源一

イエス様はなぜこの姦淫の女をさばかなかったのでしょうか。それはこのことを通して、イエス様があることを終えられたからです。「キリストが律法を終わらせられたので、信じる人はみな義と認められるのです」(ローマ10:4)

2015年03月02日6時10分

恵那レーマミニストリー

ヨハネ8章より 罪の赦しについて(2) 神内源一

この女が受けるべき罪の制裁とは何だったのか。そして私たちはどのような恵みを受けているのかを自覚していきましょう。

2015年02月26日6時02分

恵那レーマミニストリー

ヨハネ8章より 罪の赦しについて(1) 神内源一

皆さんご存じの「姦淫の女」の話です。朝早く、イエス様がオリーブ山に祈りに行かれたのでしょうか。そのあと、宮に入られました。多くの人がイエス様のお話を聞きに来たのでしょう。その時、姦淫の場を取り押さえられた女が真ん中に置かれました。

2015年02月23日5時57分

恵那レーマミニストリー

信仰について(5) 神内源一

あなたは「神様の信仰」をすでに受け取っています。ですから、どんな問題が起きても、それを用いてください。「信じられない」という迷いは、「ここにある!」という確かな証拠が見えないことから来ます。

2015年02月19日9時34分

恵那レーマミニストリー

信仰について(4) 神内源一

信仰を働かせるためには、必ず神様の前に自分の罪を告白することです。ある人から「罪を告白しても、両親を赦せません」と相談を受けたことがあります。赦せなくていいのです。「赦します!」と言うこと、その決意が大切です。

2015年02月16日12時26分

恵那レーマミニストリー

信仰について(3) 神内源一

律法によっては、神の国に入っていけなかったのです。必要なのは「信仰」です。信仰によって相続人になり、信仰によって御霊を受けるのです。

2015年02月12日11時12分

恵那レーマミニストリー

信仰について(2) 神内源一

「信仰が現れた以上」とあります。神様から信仰をいただいた以上、私たちは律法の中にいないのです。律法の中にいると罪に定められますが、しかし、今は罪に定められません。

2015年02月09日13時33分

恵那レーマミニストリー

信仰について(1) 神内源一

Jばいぶるで「信仰」と検索すると、新旧聖書合わせて264カ所「信仰」の言葉がありましたが、その内容を見て驚いたことがありました。それは、旧約聖書に出てくる「信仰」という言葉が、なんと2つしかないのです。

2015年02月05日11時19分

恵那レーマミニストリー

霊とまことの礼拝(5) 神内源一

イエス様が「私をアガペーの愛で愛するか」と言われたとき、ペテロは「フィリオーの愛で愛します」としか答えられませんでした(ヨハネ21:15)。しかし、アガペーの愛を知ってからは、アガペーの愛で愛するようになりました。

2015年02月02日14時15分

恵那レーマミニストリー

霊とまことの礼拝(4) 神内源一

イエス様による新しい契約、新約の礼拝が立てられるまでは、旧約の中の規定が厳しく、誰も神の前に出ていくことができませんでした。祭司、大祭司にお願いして祈ってもらい、いけにえを捧げてもらう、そういうものでした。

2015年01月29日14時26分

恵那レーマミニストリー

霊とまことの礼拝(3) 神内源一

イエス様が来られるまで、「霊とまことの礼拝」はなされていませんでした。なぜなら聖霊が示しているように、前の幕屋が存続しているかぎり、まことの聖所への道は明らかにされていなかったからです。ところがイエス様が来られたことによって、この幕が上から下に真っ二つに裂けます。

2015年01月26日16時30分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース