御霊のクリスチャン(3) 神内源一

2015年3月26日10時10分 コラムニスト : 神内源一 印刷

弟子たちには、奥義を知ることが許されています。イエス様は4つの種の話について弟子たちに説明されました。

「御国のことばを聞いても悟らないと、悪い者が来て、その人の心に蒔かれたものを奪って行きます。道ばたに蒔かれるとは、このような人のことです」(マタイ13:19)

今、皆さんは神様のことを聞いています。イエス様と一緒にいた人々も、同じく聞いていました。しかし、1番目の人は聞きましたが、悪い者が来て、その人の心にまかれたものを奪っていきました。なぜ奪われたのでしょうか。

「彼らは見てはいるが見ず、聞いてはいるが聞かず、また、悟ることもしないからです」(13)

どうすれば祝福されるかなどと考えている間は悟れません。心で悟るのです。神様は見えないのに、どうして理解できますか。また、どうしたら祈りが叶えられるかなんて、到底理解することはできません。心で聞くというのは、聖書が言っているのでその通りにします、ということです。そうする人は、それを体験するのです。

周りの環境やあなたの能力によるものではありません。頭の悪かった私が聖書のことをよく分かるのは、「理解」ではないからです。聖書の通りに信じるとき、それが起こるのです。聞いたのに信じないままで終わってしまう、神を信じない人にならないでください。

2番目の人は、どうでしょう。

「また岩地に蒔かれるとは、みことばを聞くと、すぐに喜んで受け入れる人のことです。しかし、自分のうちに根がないため、しばらくの間そうするだけで、みことばのために困難や迫害が起こると、すぐにつまずいてしまいます」(20、21)

2番目の種は枯れてしまいました。1番目の種と違うのは、一度信じたことです。最初は喜んで一度受け入れたのですが、そのあと困難が起きます。聖書の教えに従い行動するクリスチャンは迫害を受けます。困難が起こると、信じても、すぐにやめてしまうのです。2番目の人も、1番目の人と同じ状態に戻りました。

「また、いばらの中に蒔かれるとは、みことばを聞くが、この世の心づかいと富の惑わしとがみことばをふさぐため、実を結ばない人のことです」(22)

3番目の種はいばらの中にまかれました。みことばを聞いて信じたのですが、献金したくない、悪いことだとしても金儲けができればいいなどと、富の惑わしにより、神よりお金の方が幸せになれると考えます。そしてみことばを去るのです。

「だから、神の国とその義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、これらのものはすべて与えられます」(マタイ6:33)

すべてのものが与えられると言っているのに、理解できないからやめてしまいます。「いや、聖書がそう言っているから、そうしよう!」という人はそれを得ます。3番目の人は信じました。枯れていないので、信じ続けるのでしょう。しかし、実を結ばないのです。

「ところが、良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いてそれを悟る人のことで、その人はほんとうに実を結び、あるものは百倍、あるものは六十倍、あるものは三十倍の実を結びます」(23)

4番目の種は実を結びました。それは、「悟る人」だからです。本当に実を結ぶ人は、悟る人です。悟るとは、理解することではありません。神様をもっと理解してから信じるという人がいますが、理解する前に私たちは死んでしまいます。一番いいのは、信じたときにやってみることです。信じ切ってしまう、そうすると体験するのです。

私にも誘惑はありました。とても優秀な後輩がいて、六法全書を勉強し、聖書を読み、通訳もする。悪魔は私に言いました。「あいつはこの社会で生きていくのに勉強しているぞ。お前は聖書だけ勉強している。それでいいのか」。私はこれでいいのかと迷いました。しかし、決めました。「神の国とその義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、これらのものはすべて与えられます」。私は悪魔に言いました。「いいや! 私は聖書だけ勉強する!」。すると、聖書だけ勉強していた私は、今では毎月、沖縄、東京、京都と、日本中を動き回っています。聖書どおりに信じ切っていく人は幸せです。

■ 御霊のクリスチャン:(1)(2)(3)(4)(5)(6)

神内源一

神内源一(じんない・げんいち) / 徐起源(そう・きうぉん)

ERM聖書学校校長。恵那クリスチャンセンター(岐阜県恵那市)牧師。恵那レーマミニストリー代表、愛知県一宮市の超教派聖会「ワールド・リバイバル・カンファレンス」の理事・講師を務めるなど、その活動は多岐にわたる。同校本部の岐阜県恵那市に加え、京都、岡崎(愛知)、沖縄、立川(東京)など全国数カ所で聖書学校、聖会をおよそ月1回のペースで行っている。インターネット聖書学校、通信聖書学校等も現在開講中。※画像は恵那レーマミニストリーのロゴ。

■ 外部リンク:

【公式サイト】恵那レーマミニストリー

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース