植竹利侑牧師「現代つじ説法」(4)・・・わが家はみんな変人

2009年6月13日06時17分 コラムニスト : 植竹利侑 印刷
関連タグ:植竹利侑

わが家は一風かわっている。

あるとき、息子がこう言った。「父さんは、顔が広くてハンサムで、腰が低くて太っ腹」と。お世辞と知っても喜んだ。ところがあとが始末がわるい。ひたいがはげて広いのと、毛が少なくて半寒(ハンサム)で、短足胴長で低いのと、中年太りで太いのだ。

ある日、美人のセールスマンが化粧品を売りにきた。

「奥さま、お手入れはどうしておられますか」

「えっ。お手入れって、庭のですか」

一発勝負で勝ったけれど、おかげでいまだにまっ黒で、観賞的には価値がない(価値には実用価値ばかりか、希少価値もあります)。

あるとき、次女が言いだした。「わが家はみんな変人よ。一言でいえば、父さんはくどい、お母さんは冷たい、姉さんは目立ちで、弟はとろい」

「じゃあ自分は!」とみんな。

「私は陰険!」

思わず一同、「うん、いえる!」

その陰険娘、きわめて意志が堅いので、「私は神さまのために伝道音楽を学ぶ!」と言ってアメリカへ渡った。目立ちの長女は二年間も夫をわが家に預けたまま、オルガン学びにドイツに行った。先ごろようやく帰国したけれど、一年後にはまたウィーンに行くことになっている。

かわいそうな婿殿は、子ども好きが高じて生後一カ月の赤ちゃんを養子にしてきてかわいがり、目の中へ入れても痛くない。毎晩抱いて寝てござる。時ならぬ孫息子の出現に、妻は育児に大張り切り。八十七歳のじいさままで、ひ孫の笑顔に生きがいを感じ、けっこう相手になっている。そういう私もうれしくて、やれ忙しいといいながら、風呂は人には入れさせず、ばあさん呼ぶにも歌で呼ぶ。

とろい、の息子は名に恥じず、入学するのも暇がいり、卒業するにも間をかける。後を継ぐのもとろそうだ。それでも取り柄がただ一つ、顔に「善人」と書いてある。なんでも頼めばしてくれる。

冷たいはずの女房も、神さまだけには心が熱い。いま古女房になったけど、結婚十年の記念日に、花を飾った食卓で、「神さま、一生独りでいいですと、神学校まで行ったのに、こんなにいい子をいただいて、幸せすぎて困ります。罪悪感を覚えます。この幸せをいつまでも、自分のためには使わずに、人のために使わせてください」と祈った。

私はこれを聞いてかぶとをぬいだ。そのころから私は、単なる愛妻家から敬妻家に変わった(いまは恐妻家に昇格した)。

聖書の中に、「よい妻は、神のたまものである」と書いてある。

(中国新聞 1982年10月26日掲載)

(C)新生宣教団

<<前回へ     次回へ>>

植竹利侑

植竹利侑(うえたけ・としゆき)

広島キリスト教会名誉牧師。1931年東京生まれ。東京聖書神学院、ヘブンリーピープル神学大学卒業。1962年から2001年まで広島刑務所教誨師。1993年矯正事業貢献のため藍綬褒章受賞。94年特別養護老人ホーム「輝き」創設。著書に『受難週のキリスト』(81年、教会新報社)、『劣等生大歓迎』(89年、新生運動)、『現代つじ説法』(90年、新生宣教団)、『十字架のキリスト』(92年、新生運動)、『十字架のことば』(93年、マルコーシュ・パブリケーション)。

関連タグ:植竹利侑

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース