ホーム > 論説・コラム > 執筆者一覧
植竹利侑 植竹利侑 (うえたけ・としゆき)  

広島キリスト教会名誉牧師。1931年東京生まれ。東京聖書神学院、ヘブンリーピープル神学大学卒業。1962年から2001年まで広島刑務所教誨師。1993年矯正事業貢献のため藍綬褒章受賞。94年特別養護老人ホーム「輝き」創設。著書に『受難週のキリスト』(81年、教会新報社)、『劣等生大歓迎』(89年、新生運動)、『現代つじ説法』(90年、新生宣教団)、『十字架のキリスト』(92年、新生運動)、『十字架のことば』(93年、マルコーシュ・パブリケーション)。

記事一覧

植竹利侑牧師

植竹利侑牧師「現代つじ説法」(5)・・・捨て身で生きる

なんでも物事は、徹底しないとあと味が悪い。徹底とはどん底にまで達し、貫くことだ。底に達せば足が立ち、そこからやり直すことができる。徹しなければいつまでももがき続け、ますます貧し、鈍してゆく。

2009年06月18日13時30分

植竹利侑牧師

植竹利侑牧師「現代つじ説法」(4)・・・わが家はみんな変人

わが家は一風かわっている。あるとき、息子がこう言った。あるとき、息子がこう言った。「父さんは、顔が広くてハンサムで、腰が低くて太っ腹」と。お世辞と知っても喜んだ。ところがあとが始末がわるい。

2009年06月13日6時17分

植竹利侑牧師

植竹利侑牧師「現代つじ説法」(3)・・・感動の結婚式

今年も秋がきて、結婚のシーズンを迎えた。もういくつかの式を教会で挙げ、司式をさせていただいた。そのたび...

2009年06月06日8時02分

植竹利侑牧師

植竹利侑牧師「現代つじ説法」(2)・・・年をとるのは素晴らしい

ある人が、老年とは「喪失の時代だ」といった。悲しいけれど、若さを失い、体力を失い、職を失い、収入を失い...

2009年05月30日11時23分

植竹利侑牧師

植竹利侑牧師「現代つじ説法」(1)・・・できるのだ!という信念

できずにやめた経験を重ねてゆけばゆくほど、ますます自信がなくなって、ついにはできることさえできなくなる。

2009年05月23日8時30分

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース