植竹利侑牧師「現代つじ説法」(2)・・・年をとるのは素晴らしい

2009年5月30日11時23分 コラムニスト : 植竹利侑 印刷
関連タグ:植竹利侑

ある人が、老人の生理と心理を次のようにいった。

「しわがよる、ホクロができる、腰まがる。頭はボケる、ヒゲ白くなる。
手はふるえる、足はよろつく、歯はぬける。耳は聞こえず目もうとくなる。
身に添うは、頭巾、えり巻き、つえ、めがね、ゆたんぽ、かいろ、しびん、孫の手」

「聞きたがる、死にとうながる、さびしがる。心のまがる、欲ぶかくなる。
くどくなる、気短になる、ぐちになる。でしゃばりたがる、世話やきたがる。
またしても、同じ話に子をほめる。達者じまんに人はいやがる」と。

自分はまだ若いから大丈夫と思っても、五十歳でもうだいぶ当たり、六十歳ならほとんどが当てはまろう。

またある人が、老年とは「喪失の時代だ」といった。悲しいけれど、若さを失い、体力を失い、職を失い、収入を失い、楽しみを失う。妻や夫まで失って最後にはいのちまで失う。そのうえ愛も感動も、慎みも失って、いぎたなく生きるのが老年期か。

違う! 老年期はそんなうすぎたないものと違う!

むしろ光り輝く素晴らしいものだ。私みたいなつまらぬ人間でも、ほんの少し精神的に生きてきただけで、年をとってからのほうが、人生万事素晴らしいのだ。昔十年かかったことが一年でできる、かけずりまわってできなかったことでも電話一本でカタがつく。同じ話をしても聞く人の姿勢が違う。同じ一日でさえも密度が違う!

体が衰えてみてはじめて、魂が人間なのだということがわかる。肉体の美しさが去って、はじめて心の美しさがわかる。バラよりも、老松のほうが美しいことがわかる。肉体だけが資本なら、四十歳はもう年寄りだが、精神が資本なら六十歳はまだ少年の域を出ない。私みたいな宗教家の端くれでさえそうだから、ほんとに精神生活をした人の晩年はどんなだろう。

「わたしが世を去るべき時はきた。わたしは戦いをりっぱに戦いぬき、走るべき行程を走りつくし、信仰を守りとおした。今や、義の冠がわたしを待っている。かの日には、公平な審判者である主が、それを授けて下さるであろう」―使徒パウロ―

年をとったら、自分を楽しませることしかしなかった人と、人を喜ばせることを心がけた人の差が、はっきりと出る。

楽しみは肉体的だが、喜びは精神のものだ。年齢には関係がない。

(中国新聞 1982年8月24日掲載)

(C)新生宣教団

<<前回へ     次回へ>>

植竹利侑

植竹利侑(うえたけ・としゆき)

広島キリスト教会名誉牧師。1931年東京生まれ。東京聖書神学院、ヘブンリーピープル神学大学卒業。1962年から2001年まで広島刑務所教誨師。1993年矯正事業貢献のため藍綬褒章受賞。94年特別養護老人ホーム「輝き」創設。著書に『受難週のキリスト』(81年、教会新報社)、『劣等生大歓迎』(89年、新生運動)、『現代つじ説法』(90年、新生宣教団)、『十字架のキリスト』(92年、新生運動)、『十字架のことば』(93年、マルコーシュ・パブリケーション)。

関連タグ:植竹利侑

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース