植竹利侑牧師「現代つじ説法」(6)・・・病気で死ぬのはもったいない

2009年6月27日23時54分 印刷
+植竹利侑牧師

 風邪をひいた。寝こむほどではないのに、なんとも疲れやすく、意欲が出ない。そのため、まわりの人に迷惑をかける。風邪でもこんなに影響があるのだから、死に病にでもかかったらどんなに周囲を困らせるのだろうか。



 そういえばこのごろ、心ひそかに思うことが二つある。



 一つは、病気で死にたくないということだ。



 せっかく若いときに献身し、牧師になり、キリストのためになら独身でもいい、辱めも受けよう、バカにもされよう、死んでも迫害されても殺されてもいい―と決心したのに、平穏無事に五十年余りを生きてきてしまった。



 素晴らしい妻も与えられ、幸福な結婚生活もし、子育ての楽しさも味わい、孫のかわいさまで満喫した。人並み以上の栄誉も得たし、いのちを懸けた伝道の事業にも成功した。もうこれ以上の、なにを、なお望もうというのか。あとはただ、できるかぎりの努力をし、生かされている間は伝道のために働きたい。



 しかし、いつかはどうせ死ぬこの体、どうせ死ぬなら病気で死なず、人の身代わりにでもなって死にたい。眼でも首でも心臓でも、あげられるものならいのちでもあげたい。ふだんはいくらおとなしくしていても、ここぞというときには強くなり、真理のためにはいのちも捨てる者でありたい。



 その二つ目は、私有財産はもちませんということだ。



 私が死んだとき、私有財産や隠匿財産が見つかったら軽蔑してほしい。柩にツバをかけてほしい。絶対にそんなにはならない確信がある。



 与えられたものはかならず使う。自分のために貯めこまないで、人のために使う。使うべきときがきたら間違いなくいのちも財も使いつくす。それができるという確信がある。



 なぜかというと、若いとき、私は一度死んだ。自己の醜さを知ってのたうちまわり、自我を十字架につけるという経験をした。キリストは私を捕えてくださった。キリストわれに勝ち給えり、キリストわが内に在りて生く、という経験をした。だからいつでも聖書の言葉が心の琴線に響く。ありがたいことだ。だからここぞというときには、キリストが私に語ってくれて、いのちの捨て場を教えてくれる、と信じている。



 そう思うと風邪ぐらいで自分をかばってはおられない。自己を出し惜しみする必要がない。それなのにゆうべは早く寝て、送るべき人をタクシーで帰した。今朝の目覚めはさわやかだが、心のどこかに痛むものがあった。



 (中国新聞 1982年12月21日掲載)



 (C)新生宣教団





 植竹利侑(うえたけ としゆき):広島キリスト教会牧師。1931年、東京生まれ。東京聖書神学院、ヘブンリーピープル神学大学卒業。1962年から2001年まで広島刑務所教誨師。1993年、矯正事業貢献のため藍綬褒章受賞。1994年、特別養護老人ホーム「輝き」創設。著書に、「受難週のキリスト」(1981年、教会新報社)、「劣等生大歓迎」(1989年、新生運動)、「現代つじ説法」(1990年、新生宣教団)、「十字架のキリスト」(1992年、新生運動)、「十字架のことば」(1993年、マルコーシュ・パブリケーション)。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


の最新記事 の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース