日本人に寄り添う福音宣教の扉(107)教会堂に憧れる日本人に寄り添う 広田信也

2020年11月7日12時58分 コラムニスト : 広田信也 印刷
関連タグ:広田信也
+日本人に寄り添う福音宣教の扉(107)教会堂に憧れる日本人に寄り添う 広田信也
ニセコ高原教会(結婚式場)

教会堂は、キリスト教会が礼拝や賛美をささげるための建築物として、長い歴史の中で伝統的な構造や建築法が受け継がれ、高い位置に十字架を掲げた教会堂らしい建築物のイメージが多くの人の中に定着しています。

一方、キリスト教会は共同体(コミュニティー)を示し、建築物である教会堂とは明確に区別されています。新約時代のキリスト教会には、今のような立派な教会堂はありませんでした。聖書によれば、信仰によって集う共同体そのものが教会ですから、野外でも家庭の一室でも、その場の集まりが教会になります。

現在私たちが抱いている美しい教会堂のイメージは、聖書に記されたものではなく、主に欧米の教会史を通して時間をかけて形作られ、貴重な文化遺産として継承されてきたものです。

キリスト教結婚式が作り上げた教会堂への憧れ

欧米文化に憧れを持つ日本人にとって、かつての欧米の思想、技術を用いて精巧に建築された美しい教会堂は、欧米の伝統文化に触れる貴重な存在として高い人気を維持しています。さらに、日本において1960年ごろ、人気のアイドルや芸能人がキリスト教結婚式を取り入れ始めたのが契機となり、キリスト教結婚式の人気が急浮上したことは、教会堂への憧れを一層育むことになりました。

それ以降、美しい教会堂、幻想的なステンドグラス、祭壇まで続く長いバージンロード、会場内に響き渡る賛美歌の歌声など、神聖な空間で執り行われるキリスト教結婚式は、日本人に最も受け入れられる結婚式のスタイルとして定着してきました。

これらの人気を支えているのは、キリスト教会ではなく、ホテルや結婚式場を拠点とする冠婚葬祭事業者です。当初彼らは、美しい教会堂を所有するキリスト教会と連携を持っていましたが、今では欧米文化の流れを汲む教会堂(チャペル)を自ら所有して事業を行うようになりました。それらの教会堂は、キリスト教会とは無縁のものですが、そこで行われる挙式内容は、キリスト教信仰を土台とした伝統文化を受け継いでいます。

教会堂で葬儀をしたい人々が増加する

一方、葬儀においては、江戸時代初期に設けられた檀家制度以来、仏式の葬儀文化が延々と継承されているため、キリスト教葬儀の割合は2%程度に留まっています。

それでも、日本人のキリスト教人口比率が1%程度ですから、信者以外にもキリスト教葬儀を希望する人が次第に増える傾向にあります。さらに、核家族化の影響により、今後、家の宗教と疎遠になる世代が増えることや、キリスト教結婚式に関わった世代がエンディングに向かいますので、キリスト教葬儀の比率は一段と増加すると予想しています。

その際、キリスト教葬儀を希望する根拠となるのが、結婚式と同じように欧米の伝統文化を反映した美しい教会堂のイメージにあることを心に留めたいと思います。美しい教会堂、永遠の世界を連想させるステンドグラス、天国への旅立ちをイメージさせる出棺時には、会場内に賛美歌と鐘の音が響き渡ります。このような希望に満ちた葬儀式は、天国への凱旋式にふさわしいものとして、やがて日本に定着していくと予想しています。

教会(共同体)に関わりたいわけではない

ここで、私たちが注意すべきことは、結婚式や葬儀の会場として教会堂を利用したい人々の多くは、キリスト教会(共同体)に関わりたいと願っているわけではないということです。共同体を大切にし、その中で生きる日本人の多くは、教会に興味を示しつつも、一定の距離を持ちたいと考えています。共同体の中に必ず存在する気遣いやしがらみを、重々承知している故なのでしょう。

それでも、欧米文化に育まれた教会堂に憧れる彼らは、結婚式や葬儀の会場として利用し、長年キリスト教会の中で積まれてきた多くの人の祈りの姿勢に倣おうとしているようにも思います。

まず美しい教会堂を使っていただこう

私たちは、そのような日本人をよく理解し、まず、美しい教会堂を結婚式や葬儀の会場として使っていただき、建築物や式典を通して彼らに寄り添っていきたいと思います。人生の節目の大切な通過儀礼に対し、美しい教会堂を通して心を込めて寄り添うなら、やがて、その教会堂を利用するさまざまな教会(共同体)を形成する機会が生まれてくるでしょう。

願わくは、地域教会が連携してこのような美しい教会堂を建築し、地域住民の通過儀礼を執り行う拠点を作り上げてほしいと思います。

<<前回へ     次回へ>>

広田信也

広田信也(ひろた・しんや)

1956年兵庫県生まれ。80年名古屋大学工学部応用物理学科卒業、トヨタ自動車(株)入社。新エンジン先行技術開発に従事。2011年定年退職し、関西聖書学院入学、14年同卒業。16年国内宣教師として按手。1985年新生から現在まで教会学校教師を務める。88~98年、無認可保育所園長。2014年、日本社会に寄り添う働きを創出するため、ブレス・ユア・ホーム(株)設立。20年、良き隣人バンク設立。富士クリスチャンセンター鷹岡チャペル教会員、六甲アイランド福音ルーテル教会こどもチャペル教師、須磨自由キリスト教会協力牧師。関連聖書学校:関西聖書学院、ハーベスト聖書塾、JTJ宣教神学校、神戸ルーテル神学校

関連タグ:広田信也

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース