日本人に寄り添う福音宣教の扉(105)終活を通し、幸いな老後を送ろう 広田信也

2020年10月10日12時19分 コラムニスト : 広田信也 印刷
関連タグ:広田信也

高齢化が一層進む昨今、終活の内容が少しずつ変化しているように思います。かつて、葬儀やお墓、財産分与や遺言などを備えることが中心でしたが、終活を通して、長い老後をいかに幸せに生き抜くかを考え、模索することが多くなったように思います。

「幸せ」の求め方はそれぞれですから、終活の内容も多岐にわたります。ただ、どのような終活であっても、からだの弱さが募る中ですから、深く実感できる「幸せ」であってこそ価値があるのでしょう。弱さの極みである「死」をも乗り越え、人生の「幸せ」を満喫できる老後であってほしいものです。

御霊の初穂をいただいているが…

御霊の初穂をいただいている私たち自身も、子にしていただくこと、すなわち、私たちのからだが贖(あがな)われることを待ち望みながら、心の中でうめいています。(ローマ人への手紙8章23節)

私たちがこの世に生きている限り、からだの弱さを通し、さまざまな労苦が与えられます。人の心は永遠の世界を求めるものですが、からだの弱さが大きな妨げになっています。弱さは日々増し加わり、やがてその極限の死を迎えなければなりません。

イエス・キリストは、永遠の世界に生きておられる神様の独り子ですが、私たちと同じ弱さを持つ人間としてこの世に来られました。彼は、私たちの負うべき罪や重荷を担って十字架にかかり、ご自身の死を通してこれらすべてを処分してくださいました。

彼は死んで墓に葬られましたが、3日目によみがえり、弱さの極限である死に勝利されました。よみがえった彼のからだは、もはや朽ちることのない栄光のからだに変えられていました。これらのことは、聖書の中に示されています。

私たちと共におられる御霊(聖霊)は、イエス・キリストを信じる者に与えられる永遠のいのちの保証です。私たちのからだは死を迎えますが、やがてイエスと同じようによみがえり、新しい栄光のからだが与えられると約束されているのです。

しかし、それは聖書に「御霊の初穂」と示されるように、将来に与えられる大収穫(救いの完成)の約束なのです。初穂の確かさは、将来の大収穫の確かさを示しますが、今は天国の前味であって、救いの完成の時期ではありません。

ですから、私たちはこの世に生きている限り、からだが贖われることを待ち望み、うめいていると聖書は告げているのです。

再臨を待ち望む信仰が終活を支える

私たちの国籍は天にあります。そこから主イエス・キリストが救い主として来られるのを、私たちは待ち望んでいます。キリストは、万物をご自分に従わせることさえできる御力によって、私たちの卑しいからだを、ご自分の栄光に輝くからだと同じ姿に変えてくださいます。(ピリピ人への手紙3章20、21節)

やがて、イエス・キリストは再臨されます。その時、先に召された多くの人々が栄光のからだを得てよみがえり、次に、この世に生きる信者たちは、死を味わうことなく天に上げられ、栄光のからだを得てイエス・キリストに会うことになります。その時こそ、「御霊の初穂」によって約束された大収穫(救いの完成)を味わうときになるのです。

私たちは、この「御霊の初穂」に励まされ、約束された救いの完成を、信仰を持って待ち望みたいものです。そして、弱さの極みである「死」をも乗り越える終活を通し、「幸せ」に満ちた長い老後を過ごしたいと思います。

<<前回へ

広田信也

広田信也(ひろた・しんや)

1956年兵庫県生まれ。80年名古屋大学工学部応用物理学科卒業、トヨタ自動車(株)入社。新エンジン先行技術開発に従事。2011年定年退職し、関西聖書学院入学、14年同卒業。16年国内宣教師として按手。1985年新生から現在まで教会学校教師を務める。88~98年、無認可保育所園長。2014年、日本社会に寄り添う働きを創出するため、ブレス・ユア・ホーム(株)設立。20年、良き隣人バンク設立。富士クリスチャンセンター鷹岡チャペル教会員、六甲アイランド福音ルーテル教会こどもチャペル教師、須磨自由キリスト教会協力牧師。関連聖書学校:関西聖書学院、ハーベスト聖書塾、JTJ宣教神学校、神戸ルーテル神学校

関連タグ:広田信也

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース