日本人に寄り添う福音宣教の扉(102)年中無休24時間対応の電話から 広田信也

2020年8月29日16時17分 コラムニスト : 広田信也 印刷
関連タグ:広田信也

「年中無休、24時間フリーコール」という広告文字を見掛けることがあります。さまざまな業種が採用していますが、いずれも電話対応の専任スタッフがいて、いつでも緊急の依頼や相談に応えようとしているものです。

確かに、24時間受付可能な大手葬儀社などに電話をかけると、真夜中であってもしっかりと対応してくれます。いざというときには大変ありがたいものです。

「よろず相談窓口」を教会連携の中に

敷居が高いといわれる日本のキリスト教会が、評判の良い「よろず相談窓口」になることを願っていた私は、この「年中無休、24時間フリーコール」の相談窓口を、キリスト教会の連携の中に作りたいと考えました。

ただ、葬儀社やセキュリティー会社への緊急電話なら、日本社会で必要性が認められ、既に多くの実績がありますが、面識のない牧師への「よろず相談窓口」では、そう簡単に機能するはずがありません。

ただでさえ、教会の敷居は高く、牧師に相談を持ち掛ける人の少ない日本社会ですから、直球勝負でうまくいくとはとても思えませんでした。

そこで熟慮の末、教会の牧師になるのを諦め、気軽に問い合わせのできる株式会社を作り、牧師が対応しやすく、一般から依頼や相談を受けやすいサービス事業を全国展開してみようと考えました。

教会の歴史からすると異端的な発想ですが、30年以上株式会社で働いてきた私にとって、宗教法人のキリスト教会より、株式会社の方が一般社会に寄り添いやすいと感じていたからです。

社会と教会をつなぐ相談電話として

牧師が対応するサービスとしては、冠婚葬祭の司式や人生相談などが思い浮かびました。ただ、私自身にはそれほどの経験も能力もありませんし、依頼が入ったとしても、全国対応するのはとても難しいことです。

そこで、全国の牧師や地域教会の協力を得るため、説明会などを実施し、連携者を募っていきました。幸い、志のある多くの牧師先生が連携の意思を示してくださいました。

また、全国からの相談や依頼を神戸で直接受け取り、地域のキリスト教会が長期にわたって寄り添えるように、サポート体制を充実させ、インターネットを用いた広報活動や連携者管理に工夫を加えていきました。

このような作業は私にとって経験のない分野でしたので、試行錯誤がいまだに続いていますが、それでもさまざまな相談電話が入るようになりました。

心を込めて、緊急電話の相手に寄り添う

真夜中や早朝にかかってくる緊急電話は、大切な家族が重篤な状態か、召された直後のことが多く、緊張が走ります。こちらが熟睡していることも多く、無理やり目を覚まし、電話の前で大きく深呼吸して電話を取ることになります。

祈りながら相手の心の痛みに寄り添い、情報をできるだけ正確に入手し、心を込めて応答します。葬儀に関する依頼であれば、葬儀社に連絡を入れ、翌朝、司式牧師が遺族に寄り添えるように手配をかけます。

日中の相談内容はさまざまですが、長時間の電話対応になることもあります。了解を得て訪問することを目標にしますが、遠方の場合、地域の牧師先生に連絡を差し上げ、訪問をお願いすることになります。

このような最初の訪問が起点となり、長いお付き合いになり、信頼関係が増していくケースも少なくありません。

日本宣教の初動は、「善き隣人」の電話対応から

長期にわたり訪問を繰り返し、継続的な「傾聴」を提供させていただいたケースは、サービス業としての事業性には乏しいですが、大変大きな成果を上げてきました。

弱さが増している日本社会にとって、「善き隣人」として訪問し、寄り添い続けることは、より広範囲にわたって品質の高いサービスを届けることにもつながります。「善き隣人」の存在こそが優先して求められているのでしょう。

この4月から非営利型の働き「善き隣人バンク」を発足させた理由がここにあります。この働きは、やがて全国の地域教会や一般の事業者を巻き込み、日本の多くの家庭に祝福を持ち運ぶことになると信じています。

そして、この働きの起点となる「年中無休、24時間フリーコール」の電話対応の大切さは、一層増していくでしょう。電話の向こうにおられる弱さを抱える人々に、心を込めて寄り添う「善き隣人」としての姿勢が、日本宣教拡大の有効な初動になるのです。

律法全体は、「あなたの隣人を自分自身のように愛しなさい」という一つのことばで全うされるのです。(ガラテヤ人への手紙5章14節)

<<前回へ     次回へ>>

広田信也

広田信也(ひろた・しんや)

1956年兵庫県生まれ。80年名古屋大学工学部応用物理学科卒業、トヨタ自動車(株)入社。新エンジン先行技術開発に従事。2011年定年退職し、関西聖書学院入学、14年同卒業。16年国内宣教師として按手。1985年新生から現在まで教会学校教師を務める。88~98年、無認可保育所園長。2014年、日本社会に寄り添う働きを創出するため、ブレス・ユア・ホーム(株)設立。20年、良き隣人バンク設立。富士クリスチャンセンター鷹岡チャペル教会員、六甲アイランド福音ルーテル教会こどもチャペル教師、須磨自由キリスト教会協力牧師。関連聖書学校:関西聖書学院、ハーベスト聖書塾、JTJ宣教神学校、神戸ルーテル神学校

関連タグ:広田信也

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース