教区資金2・5億円流用、カトリック長崎大司教区が謝罪「重大な不手際」

2020年9月18日16時34分 印刷
関連タグ:カトリック教会
+前教区会計の資金流用、カトリック長崎大司教区が謝罪 「重大な不手際」
カトリック長崎大司教区の司教座聖堂である浦上教会(長崎市本尾町)(写真:663highland)

カトリック長崎大司教区で会計を担当していた司祭が2013年、教区の資金2億5千万円を無断で流用し、そのうち2億3200万円を損失した問題について、同教区は今月発行の機関紙「カトリック教報」で「重大な不手際」だったことを認めて謝罪した。債務者に対し継続して返済を要求するとともに、司祭本人また髙見三明大司教と教区顧問、司祭団それぞれが可能な限り欠損を穴埋めするとし、教区会計のさらなる透明化を押し進めることを約束した。

同教区によると、当時会計を担当していた司祭は13年7月、知人の依頼を受け、大司教や顧問会の決裁を仰がずに5千万円を貸し付け、9月には同じ知人が関与する事業に1億円を投資。さらに同月中に再度依頼があり、1億円の短期貸し付けを行った。いずれも司祭の単独での決裁だったという。教区は債務者である司祭の知人に返済を求めているが、返済は1800万円にとどまっている。

一部報道で、信徒の献金を消失させ、さらに佐々教会(長崎県佐々町)の建設資金が流用されたのではないかと指摘されたことについては、大浦天主堂(長崎市)の拝観料などからなる特別会計「不動産取得資金」からの流用であり、信徒や修道者、司祭が納入する教区費や各種献金からではないと否定した。ただし、佐々教会建設の資金が必要となったときに銀行から借りざるを得なくなり、総額約438万円の利息を支払わなければならなくなったことは事実と認めた。

同教区は司祭に対し、役職の解任、トラピスト修道院(北海道北斗市)での1カ月の謹慎、他教区への3年間の派遣、教区への返済義務などの制裁を科した。司祭はこれまでに約500万円を返済しているという。

髙見大司教は「信者の皆様に大変ご心配とご迷惑をおかけしました。すべては教区長としての私の責任です」と謝罪し、「今後このようなことが二度と起こらないよう万全の対策を講じます」とした。

また、資金を流用した司祭本人も「私の軽率さがもたらした重大な結果により、主キリストと皆様の教会を傷つけ、不信と躓(つまず)き、痛みと悲しみを招いてしまいましたことを深く反省し、心からお詫び申し上げます」と謝罪。「今後は、決して十分ではないことを自覚しつつも、私にできる償いを命尽きるまで継続するほかありません」と述べた。

関連タグ:カトリック教会

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


教会の最新記事 教会の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース