詐欺的投資で2・5億円消失、カトリック長崎大司教区 文春報道

2020年6月30日13時56分 印刷

カトリック長崎大司教区の前教区本部事務局長の神父(54)が、教区の会計を担当する法人事務所長(10~14年)だった13年に、教区の資金から計2・5億円を融資または投資に回し、そのほとんどが回収を見込めない状況だという。文藝春秋社が運営する「文春オンライン」が26日、伝えた。

報道によると、アラブ首長国連邦(UEA)の首長国の一つフジャイラでの石油ターミナル事業に関連する投資話を持ち掛けてきた会社社長に対し、神父が13年7~9月、教区の資金から計1億5千万円を貸し付けたほか、1億円を現地法人設立のために投資。しかし、会社は16年8月に倒産。貸し付けた1億5千万円についても資料で確認できた限りでは、倒産前の14~15年に1800万円が返金されたのみで、「典型的な投資詐欺の手口」だという。

さらに、貸し付けた1億5千万円のうち1億円は、長崎県内の教会堂建設のための積立資金と見られ、それに伴う金利負担が数千万円発生したとする情報もあることから、投資話に絡んで消失した金額は3億円近くに及ぶ可能性があるという。横領や背任が成立する可能性を指摘する声もあったが、神父は19年7月、九州の別の教区へ異動となったとされている。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース