日本聖公会京都教区、教会の会計担当が1400万円流用か

2019年1月25日19時50分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:日本聖公会

日本聖公会京都教区の2つの教会で会計を管理していた元信者の男性が、運営費約1400万円を私的に流用した疑いがあることが分かった。京都新聞などが24日、報じた。

報道によると2つの教会は、宮津聖アンデレ教会(京都府宮津市)と加悦聖三一教会(同与謝野町)。男性は両教会の会計担当に就いた2012年以降、信者の献金などによる運営費を私的に使い込んでいた。昨年7月、同教区が男性に両教会の通帳を返還するよう求めたところ、自ら明かしたという。

教会の調査に対し男性は、運営費を外国為替証拠金取引(FX)などに使っていたことを認め、もうけたお金を子どもの学費などに充てたかったなどと話しているという。年1回の会計報告では虚偽の書類を提出していた。教会側は刑事告訴を検討している。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:日本聖公会

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング