長崎の大浦天主堂、新型コロナで全面閉鎖

2020年4月5日00時35分 印刷
+大浦天主堂
大浦天主堂(写真:Fg2)

カトリック長崎大司教区は4日、新型コロナウイルスの感染拡大防止や職員の安全のため、国宝の大浦天主堂(長崎市南山手町)の敷地すべてを4月6日から5月7日まで全面閉鎖すると発表した。状況によっては期間延長の可能性もあるという。期間中は、敷地内にあるキリシタン博物館も閉鎖となる。

大浦天主堂は世界文化遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産の一つで、約250年にわたって潜伏していたキリシタンが現れた「信徒発見」(1865年)の舞台。その時の言葉「ワタシノムネ、アナタトオナジ(私の信仰、あなたと同じ)」をテーマとするキリシタン博物館は、大浦天主堂の敷地内に立つ旧羅典(ラテン)神学校(国重要文化財)と旧長崎大司教館(県有形文化財)の2棟を利用して2年前に開設された。

長崎県では同日、新たに女性1人の感染が発表され、県内の感染者は計10人となった。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース