新型コロナ、世界中の教会と共に祈ろう 日本福音同盟が祈りのガイド

2020年3月30日17時48分 印刷
+祈り
※ 写真はイメージです。(写真:congerdesign)

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を受け、世界福音同盟(WEA)が29日を世界的な祈りと断食の日にしようと呼び掛けていた「国際断食祈祷日」について、日本福音同盟(JEA)は、「29日だけでなく、私たちは世界のキリスト者の方々とともに祈り続けたい」として、日本語版の祈りのガイドを提示し、引き続き祈りを呼び掛けている。

JEAは29日、国内でも感染が拡大しつつあり緊張が高まっているとし、「世界中の教会とともに主のあわれみと助けを求めて祈り、主の語り掛けに耳を傾けましょう」とコメント。「何よりも感染され苦しみの中にある方々の回復と癒やしのため、共に苦しんでいる家族や愛する方々のため、愛する人を喪失し深い悲しみの中にある方々、新型コロナウイルスとの戦いの最前線に立っている医療従事者の方々のため、社会活動の制約の中で仕事を失い、経済的苦境にある方々、そして人々の健康と安全を守るために、主によって立てられている政府や自治体のリーダーの方々を覚えて祈りましょう」と呼び掛けた。

JEAが提示した日本語版の祈りのガイドはこちら。国際断食祈祷日のためにWEAが発表したもので、日本向けに若干の編集を加えているという。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


教会の最新記事 教会の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース