世界宣教祈祷課題(9月4日):アラブ首長国連邦(UAE)

2020年9月4日10時23分 執筆者 : 奥山実 印刷
+世界宣教祈祷課題(9月4日):アラブ首長国連邦(UAE)
8月13日、ホワイトハウスからイスラエルとアラブ首長国連邦(UAE)の国交正常化を発表するトランプ米大統領(写真:ホワイトハウス)

8月13日、世界に歓喜が走るような明るいニュースが流れた。米国の仲介のもとイスラエルとアラブ首長国連邦(UAE)の国交樹立の取り決めがなされたのだ。

1948年のイスラエル建国以来、湾岸アラブ諸国で国交樹立を決めたのはUAEが初めてとなる。この合意は、ユダヤ民族(イサク)とアラブ民族(イシュマエル)の共通の父祖の名にちなんで「アブラハム合意」と名付けられた。

この快挙には、トランプ大統領の政敵も賛辞を贈らないわけにはいかないだろう。この合意に至った背後にある最大要因は“イラン”という共通の脅威だ。2017年にはイスラエル軍参謀総長が対イランを見据えてサウジへの情報提供を呼び掛け、2018年には同軍参謀長が秘密裏に2回もUAEを訪問している。それに加えてトランプ大統領の娘婿で米ユダヤ人のクシュナー上級顧問の3年に及ぶ外交努力の成果を認めつつも、今回の合意には米福音派の影響があったことをトランプ大統領は隠さなかった。

米国人の30〜35%が福音派信者といわれるが、ピューリサーチセンターの最新の調査によれば、その72%がトランプ大統領のイスラエル・パレスチナ間の中東政策には偏りがないと見ている。それら福音派の人々の大半は、イスラエルの建国は終末時代の聖書預言の成就と捉えているのだ。

今回の同意には、湾岸のアラブ国のバーレーンとオマーンが早々に支持を表明した。アラブ諸国の盟主サウジアラビアは沈黙を守っているが、これは「サウジはこの合意を非難しない」とのメッセージとして捉えることが可能で、必ずしも否定的な沈黙と考える必要はないのだろう。

いずれにしても、中東でイスラエルの存在を認めつつ和平が進行しており、このために祈ってきた世界中の聖書的キリスト者は大いに喜んでいる。イサクとイシュマエル、アブラハムの末たる彼らの救霊と和解がさらに進むよう祈っていただきたい。

■ アラブ首長国連邦(UAE)の宗教人口
イスラム 67・7%
ヒンズー 15・5%
カトリック 4・8%
プロテスタント 0・7%
聖公会 2・2%
仏教 3・7%
バハイ 0・6%
無宗教 1・6%

※ この記事は、世界宣教センター所長の奥山実牧師のフェイスブックに掲載された「世界宣教祈祷課題」を、若干の編集を加えた上で転載したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


世界宣教祈祷課題の最新記事 世界宣教祈祷課題の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース