ハンガーゼロ、今年は10・11月を「世界食料デー月間」に

2020年9月2日23時10分 印刷
+ハンガーゼロ、今年は10・11月を「世界食料デー月間」に

10月16日の「世界食料デー」に合わせ、毎年全国各地で啓発イベント「世界食料デー大会」を開催してきたハンガーゼロが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、10月と11月を「世界食料デー月間」として募金への協力を呼び掛ける。コロナの影響で、アフリカでは食料問題がさらに深刻化しており、昨年集まった金額を上回る目標を掲げ、協力を求める。

ハンガーゼロによると、昨年は全国で28のイベントが開催され、1300万円を超える寄付金が集まった。今年の目標額は、それを上回る1500万円。これまで掲げてきた飢餓と貧困の撲滅に加え、コロナの影響で苦しむ現地の人々を支援するため、募金箱を使って、個人はもちろん、会社や教会などでも募金への協力を呼び掛けることで、昨年以上の金額を目指す。

10月16日の世界食料デー当日には、ユーチューブでオンラインイベントを開催し、ライブ配信する。視聴者参加型のイベントを企画中で、まずは千人を目標にユーチューブのチャンネル登録を呼び掛けている。

さらに、使用済み歯ブラシの回収による寄付も受け付けている。1本当たり2円の寄付ができ、昨年は2247本を集めたが、今年は1万本を目標にしている。

ハンガーゼロ、今年は10・11月を「世界食料デー月間」に

今年は集まった寄付金を、アフリカのコンゴ民主共和国、ルワンダ、エチオピア、南スーダン、ケニアの5カ国での支援活動に充てる予定だが、現地は「それまでの食料難や衛生的でない環境に加え、社会封鎖(ロックダウン)や、極めて厳しい経済活動の制限によって仕事が奪われ、生活が困難になっています」という。「ぜひ『アフリカの希望のために』募金協力や新たな取り組みへのご参加をお願いいたします」と呼び掛けている。

寄付は、ハンガーゼロのホームページで受け付けている。

世界食料デー(10月16日):世界の食料問題を考える日として、1979年の国連食糧農業機関(FAO)第20回総会の決議に基づき、国連が81年に世界共通の日として制定した。世界の一人一人が協力し合い、最も重要な基本的人権である「すべての人に食料を」を現実のものにし、世界に広がる栄養不良、飢餓、極度の貧困を解決していくことを目的としている。毎年、世界食料デーの前後には、世界の食料問題に関する政策を議論する世界食料安全保障委員会(CFS)が開催されるほか、世界各地で啓発イベントが行われている。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース