ハンガーゼロ、新型コロナで緊急救援募金 支援地で食料配布や保健衛生改善活動

2020年4月22日10時23分 印刷
+ハンガーゼロ、新型コロナで緊急救援募金 支援地で食料配布や保健衛生改善活動
(写真:ハンガーゼロ)

ハンガーゼロ(日本国際飢餓対策機構)は、新型コロナウイルスの感染拡大により、ルワンダやケニアなどの支援地で感染リスクや食料確保などが喫緊の課題となっていることを受け、緊急救援募金を呼び掛けている。集まった寄付金は、ロックダウン(封鎖)により外出できなくなった人々のための緊急食料配布や、保健衛生指導を通じて実施してきた「WASHプログラム」の強化などに充てられる。

ハンガーゼロによると、ルワンダをはじめ、バングラデシュやカンボジアなどの支援地では、ソーシャルディスタンス(社会的距離)や封鎖などにより、ぜい弱な家庭の生活に多大な影響が及んでいるという。一部の活動地域ではすでに、収入の損失を軽減するため、食料引換券や食糧品などの配布を行っている。

「WASHプログラム」は、国連のミレニアム開発目標(MDGs)の一つである「安全な飲料水と衛生施設を継続的に利用できない人々の割合を半減させる」ことを目指すプロジェクト。継続的な保健衛生活動を通じて、地域の人々がきれいな水やせっけんなどを得ることができるように取り組んでいる。現地スタッフがこれまで、地域リーダーや家族たちと緊密な関係を築いてきたことにより、情報提供や助言をスムーズに行うことができているという。

20日付の活動報告によると、ルワンダでは、現地のパートナー団体、国際飢餓対策機構(FH)ルワンダを通じて政府主導の食料配給プログラムに協力している。これまでにメイズ粉7500キロ、豆1万キロ、せっけん5千個を調達。地方自治体を通して、食料確保が困難になっている世帯に配布した。また活動地域では、FH推奨の簡易手洗い装置が普及し、手洗いなどの衛生習慣が根付き始めており、今回支援したせっけんもウイルス感染予防に役立つと期待しているという。

ハンガーゼロ、新型コロナで緊急救援募金 支援地で食料配布や保健衛生改善活動
(写真:ハンガーゼロ)

緊急募金の受け付けは郵便振替、またはハンガーゼロのホームページから直接クレジットカード決済が利用できる。

■ 緊急募金受け付け用郵便振替口座
記号番号:00170・9・68590
加入者名:日本国際飢餓対策機構
※ 通信欄に「緊急救援募金」と明記。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース