飢餓のない世界を 「ハンガーゼロ・パートナーズ」新設

2019年2月13日20時52分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

国連が2030年までに飢餓のない世界を実現することを目標に掲げる中、ハンガーゼロ(日本国際飢餓対策機構)はこのほど、活動の輪をさらに広げるためのボランティア「ハンガーゼロ・パートナーズ」を新設し、希望者を求めていくと発表した。

ハンガーゼロ・パートナーズとは、「ハンガーゼロ・アンバサダー」と「ハンガーゼロ・パートナー」の総称。「アンバサダー」はハンガーゼロからの任命により、教会や学校、企業の訪問、講演活動などを行うボランティア。「パートナー」は、チャリティーイベントなどを企画しての募金活動や、SNSによる情報発信、支援ネットワークの構築などによる広報活動を行ったり、職業などで培われたデザインや動画編集、翻訳といったさまざまな技術を提供したりするボランティアで、面談などの手続きを経た上で決定するという。

このほど「アンバサダー」に任命された前泉大津市長の伊藤晴彦氏は、「『ハンガーゼロ・アンバサダー』という責任の重い役割を頂き、身の引き締まる思いです。この世界から『ハンガー』という言葉がなくなることが私の一番の願いです。自分なりに精いっぱいこの役割に恥じないように努めたい」と述べた。

ハンガーゼロは、次年度を迎える今年7月までに25人のハンガーゼロ・パートナーズを目標としており、「『わたしから始める、世界が変わる』を自ら実践し、また社会の中でその輪を広げる担い手になってくださる方を求めます」と呼び掛けている。

ハンガーゼロ・パートナーズに関する問い合わせは、ハンガーゼロ東京事務所(メール:jifhtokyo@gmail.com)まで。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング