コロナ禍でアルファ・コースの受講者急増、オンライン化で3倍に 英国

2020年6月11日22時40分 印刷
+コロナ禍でアルファ・コースの受講者急増、オンライン化で3倍に 英国
英国のホーリー・トリニティー・ブロンプトン教会で生まれたアルファ・コースは現在、日本を含む世界約170カ国で用いられている。

新型コロナウイルスの感染拡大により、厳しいロックダウン(都市封鎖)が行われたにもかかわらず、英国でアルファ・コースの受講者が急増している。

アルファ・コースは、ロンドンのホーリー・トリニティー・ブロンプトン教会(英国国教会)で始まった入信者向けの短期聖書入門コース。今や世界的な伝道ツールとなり、世界各国で教派にとらわれず用いられている。アルファ・コースの創始者で同教会の牧師であるニッキー・ガンベル氏は、ロックダウンの期間中、アルファ・コースを完全オンライン制に移行。その後、自身も驚くほど受講者が増加しているという。

ガンベル氏は、ロンドンのペンテコステ派教会「ジーザス・ハウス」のアグ・イルクウ牧師によるオンライン・インタビュー(英語)に応じ、アルファ・コースの受講者数がコロナ禍で3倍になったことを明かした。

「アルファ・コースはオンラインになったばかりです。私はアルファ・コースがオンラインでうまく行くとは思っていませんでしたが、対面式よりもオンラインの方がうまく行っています。受講者が増えました」

「通常ですと、今の時期の受講者は500人ほどですが、今回は1600人います。もし新型コロナウイルスの感染が拡大していなかったら、そのほとんどがいなかったでしょう。中途でドロップアウトする受講者の割合がこれほど低かったことも、これまでになかったことです」

ガンベル氏自身が導くスモールグループでは、ドロップアウトした人が1人だけで、さらに2人を除くグループ全員がペンテコステ以後に信仰を持つようになったという。

「聖霊がとても力強く受講者たちに働きました。ZOOM(ズーム)の方が、対面式よりも力強かったです。イエス様が離れたところで癒やしを行われたように、聖霊がZOOMで戸惑うこともありませんでした」

ホロコーストを逃れたユダヤ人の父を持つガンベル氏は、広範囲にわたるインタビューの中で、自身がどのようにしてキリスト教信仰に至るようになったかや、コロナ禍であってもポジティブでいられる秘訣を語った。

「一日の始まりを神様との交わりにささげてください。そうすることで一日を始めるべきです。今のコロナ禍の中では、ニュースやソーシャルメディアを見て(一日を)始めてしまうかもしれません。その場合、恐れや不安や心配事でその日を始めるようなものです。しかし、私たちは聖書で(一日を)始めることもできます。私は毎年、聖書全巻を通読しますが、それ(聖書を読むこと)が一日を始めるとても良い方法だと気付きました」

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース