米リディーマー長老教会創設者のティム・ケラー牧師、すい臓がんを告白

2020年6月9日00時05分 印刷
+ティム・ケラー牧師、退任を発表 リディーマー長老教会は3教会に分割へ
ティム・ケラー牧師(写真:ケラー牧師のフェイスブックより)

米ニューヨークのリディーマー長老教会創設者で、著名な執筆家でもあるティム・ケラー牧師(69)が7日、すい臓がんと診断されたことを自身のツイッターで明らかにした。

ケラー牧師はツイッターへの投稿(英語)で、約3週間前までがんであることにまったく気付いていなかったと告白。この日は、メリーランド州にある米国立がん研究所に行き、追加の検査を受け、今週からニューヨークに戻って化学療法を始めるという。

「私には素晴らしい人間の医者たちがいますが、もっと重要なことは、私を見てくださる『偉大な医者』である方ご自身がおられることです。ショックや恐れはありますが、この数週間、生体検査を含むさまざまな検査や手術を受けている間、神は驚くほど私と共にいてくださりました」

ケラー牧師はそう述べた上で、以下の4点について祈りを求めた。

1)神が医学的な方法または直接的な介入により、がんを消滅するまで後退させてくださるように、2)ケラー牧師夫妻がこの世の喜びから離れ、何よりも神の臨在を求めるよう、この機会を用いられるように、3)家族の慰めと励ましのために、4)治療による副作用があっても、書いたり話したりすることが続けられるように。

その上でケラー牧師は最後に、ヘブライ人への手紙12章1~2節を基に、「自分に定められた競走を、喜びをもって走る。なぜならイエスは、これよりも明らかに苦しい競争を、私のために、喜びをもって走られたのだから」とつづった。

ケラー牧師は、1989年に妻のキャシーさんと3人の幼い息子たちと共にリディーマー長老教会を開拓。専門職に就く若者を中心に多様性に富んだ会衆を20年余りにわたって牧会し、同教会は毎週5千人余りが集うまでに成長した。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース