日本バプテスト連盟、「聖書教育」4・5・6月号無料公開 休校中の教会学校をサポート

2020年4月20日17時36分 印刷

日本バプテスト連盟が、新型コロナウイルスの影響で休校中の教会学校をサポートしようと、同連盟発行の教会学校教案誌「聖書教育」を4・5・6月号限定で無料公開している。16日にホームページで発表した。

同連盟宣教部長の松藤一作(いさく)氏は発表で、「それぞれが在宅で過ごす中での教会学校の在り方やアイデアについて、共に考えていきたい」とし、「これまでとは全く違った形であっても、聖書を通じたつながりや交わりを持続していけるよう、互いに励まし合っていけたら」と述べた。

発表では、「聖書教育」を活用することで「クラスのメンバーが共に聖書を読むことを通じてつながりを保ち、この困難な時期だからこそ、祈り合い、励まし合っていける教会学校の働きを継続していただければ」と呼び掛けている。また、購読者に対しては、「(対応の)趣旨をご理解いただき、購入されていない方にもお声がけくださって、それぞれの場所にありながらも、同じみことばを読み合うことを通して、つながりを深めていただければと願っています」とした。

「聖書教育」4・5・6月号の閲覧・ダウンロードはこちら

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース