東京五輪・パラ延期 JiSP「2021年開催に合わせ準備整えたい」

2020年3月26日20時56分 印刷
+東京五輪・パラ延期 JiSP「2021年開催に合わせ準備整えたい」
(写真:Jo Galvao / Shutterstock)

東京オリンピック・パラリンピックの延期が決まったことを受けて、日本国際スポーツパートナーシップ(JiSP、米内宏明代表)は26日、「2021年の開催に合わせて宣教活動を進めていけるように準備を整えていきたい」とするコメントを発表した。

JiSPは、スポーツを通して福音を伝える超教派のネットワーク。東京オリンピック・パラリンピックの開催に合わせ、世界中から集まる宣教チームの受け入れ準備を進めてきた。来日予定だったチームに関しては、状況の変化を見ながら再度意思を確認した上で「可能であれば今夏、受け入れたい」とした。

オリンピック開催後もスポーツを通じた伝道の働きを継続させ、2024年までに日本の教会が10倍の祝福を受ける「10×10ビジョン」を掲げて活動に取り組んできた。「必ず神様のご計画があることを信じて進んでいきます。東京オリンピック・パラリンピックは延期になっても、10×10ビジョンは延期にはなりません!」と意気込みを示した。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

新型コロナの最新ニュース
国内外の発生状況
※4月6日午前8時更新、( )内は前日比
日本世界
感染者数 3,654
(+383)
1,129,775
(+81,772)
死者数 73
(+3)
62,703
(+5,798)
回復者数 584
(+9)
257,455
(+12,436)
<出典> 日本:厚労省、世界:WHOJohn Hopkins CSSE

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース