英国国教会、大聖堂巡る人々に「巡礼者パスポート」

2020年3月3日23時45分 印刷
+英国国教会、大聖堂巡る人々に「巡礼者パスポート」
英国国教会が大聖堂(カテドラル)巡りをする人々のために販売を開始した「巡礼者パスポート」

英国国教会はこのほど、大聖堂(カテドラル)巡りをする人々のために「巡礼者パスポート」の販売を始めた。「大聖堂の年、巡礼の年」と銘打った全国規模のキャンペーンの一環で、英国各地の大聖堂を訪れる人々が、その記録を残し記念とすることができる。

サイズは実際のパスポートと同じで、各地の大聖堂が地域別にまとめられたリストや霊感あふれる言葉、巡礼者の詩や祈りなどが記載されている。また、訪れた大聖堂やその他の訪問先でスタンプを押したり、ステッカーを貼ったりできるスペースがあり、訪問地で感じたことをつづるための何も書かれていないページもある。

この巡礼者パスポートを考案したのはオックスフォードのクライスト・チャートの教育主事であるジャッキー・ホルダネスさんと、ポーツマス大聖堂の教育主事であるサラ・ページさんの2人。信仰者であってもそうでなくても、大聖堂を訪れる人々が彼らの訪問を「巡礼」と捉えてほしいという願いを込めて企画したという。

「多くの大聖堂は、より深く霊的な次元で訪問者に接することで、彼らが観光客や単なる通行人として訪れたとしても、大聖堂を後にするときには、まるで巡礼者になったような思いで去っていくことを願っています」

「私たちは、すべての訪問者に巡礼者としての心を高めてもらいたいのです」

巡礼者パスポートは英国大聖堂協会が発行。英国国教会のすべての大聖堂のほか、グレートブリテン島とアイルランド島の中央に位置するマン島の大聖堂や、ウェールズの聖ダビデ大聖堂で販売している。価格は1冊4・99ポンド(約690円)で、オンラインでも購入可能だ。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナの最新ニュース
国内外の発生状況
※4月7日午前8時更新、( )内は前日比
日本世界
感染者数 3,906
(+252)
1,206,590
(+76,815)
死者数 80
(+7)
67,510
(+4,807)
回復者数 592
(+8)
274,689
(+17,234)
<出典> 日本:厚労省、世界:WHOJohn Hopkins CSSE

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース