英国国教会、収入が初の10億ポンド超

2017年10月22日23時47分 執筆者 : 山本正浩 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+英国国教会、収入が初の10億ポンド超 
(写真:Pexels)
- 広告 -

礼拝出席者が減少の一途をたどる英国国教会で、収入が過去最高を記録し、初めて10億ポンド(約1500億円)を超えた。

英サンデー・タイムズ紙(英語)などによると、最新となる2015年の収入は、1万2600小教区(教会)で計10億2600万ポンド(約1540億円)となり、14年の9億8900万ポンド(約1480億円)を上回った。支出も前年の収入に近い9億7100万ポンドと、過去10年間で最高を記録したが、収入増加により繰越金は5440万ポンド(約81・4億円)となった。

収入の内訳を見ると、定期献金が全体の約3分の1で、最も大きな割合を占める一方、席上献金は6パーセントの5720万ポンド(約85・6億円)だった。その他の主な収入源は、助成金や資産所得、献金に対するギフト・エイドなどだった。ギフト・エイドは、納税者が慈善団体に寄付する際、控除される所得税額分も寄付金に上乗せできる制度。

支出では、小教区から大教区(主教区)に支払われる「分担金」が3分の1を占め、運営費、修繕費、給与それぞれが約10分の1を占めた。

一方、額面では過去最高の収入を記録したが、実質的には最高額ではないという。07年の収入は8億9900万ポンド(約1350億円)だったが、これは物価上昇などを考慮して計算すると、15年では11億ポンド(約1650億円)相当になる。

「小教区の収入と定期献金は過去10年間増加しているが、支出も増えている」。15年の小教区財務統計(英語)は、「小教区が地域社会を支える働きを続けるためには、収入が引き続き増加することに加えて、インフレに追い付いていく必要がある」と指摘する。インフレに伴い人々の生活費が上昇する一方、賃金が停滞状態にあることから、教会はフードバンクなどの支援をより積極的に行っていく必要があるという。

この他、英国国教会は約8億ポンド(約1200億円)の資産を保有しており、資産運用による昨年の投資利益率は17パーセント余りだった。

昨年の発表によると、英国国教会の週間出席者は、人口の2パーセント未満となる100万人を初めて下回り、日曜日の礼拝出席者は76万人に減少した。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。
Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング