香港マカオ事務弁公室主任に夏宝龍氏、教会の十字架撤去を主導

2020年2月26日10時31分 印刷
+香港マカオ事務弁公室主任に夏宝龍氏、教会の十字架撤去を主導
「光復香港、時代革命(香港を取り戻せ、革命の時だ)」というスローガンを掲げてデモを行う香港の人々。昨年11月、香港における人権尊重や民主主義の確立を支援する「香港人権・民主主義法」を成立させた米国や、かつての宗主国である英国の国旗を掲げる人々もいる=1月19日(写真:Etan Liam)

中国の国務院(内閣)は、香港政策を担当する香港マカオ事務弁公室の主任に、習近平国家主席の元側近である夏宝龍氏(67)を任命した。夏氏は浙江省で共産党トップを務めていた時代、キリスト教会から十字架を撤去する弾圧運動を主導したとされている。

香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」によると、夏氏は浙江省の共産党委員会書記だった2015年、同省内の千以上の教会から十字架を撤去し、教会の建物を破壊するなどして、キリスト教を厳しく取り締まった。

浙江省の省都・杭州に拠点を置く政治アナリストの温克堅氏が同紙に語ったところによると、反対者やキリスト教会を徹底的に弾圧する強権的な姿勢により、省内では政府高官を含め嫌う人が多く、「夏氏が3年前に浙江省を去ったとき、多くの人々が喜んだ」という。

浙江省の牧師は、迫害監視団体「国際キリスト教コンサーン」(ICC、英語)に、「この異動は良い局面ではありません」とコメント。「夏氏は香港の教会を虐げる可能性があります」と語った。

夏氏は、習氏が浙江省で共産党委員会書記を務めていた時代、副書記として支えた元側近。習氏が同委書記を退いた後、同省人民政府省長を経て、自身も同委書記に就任。現在、中国人民政治協商会議(政協)全国委員会の副主席兼秘書長を務めている。香港マカオ事務弁公室の主任は、現在の役職と兼務する。同事務弁公室の張暁明・前主任は降格処分され、副主任となった。異動は13日付。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナの最新ニュース
国内外の発生状況
4月10日午前7時更新、( )内は前日比
日本世界
感染者数 5,547
(+511)
1,587,209
(+82,837)
死者数 108
(+4)
94,850
(+6,287)
回復者数 685
(+53)
353,291
(+16,217)
<出典> 日本:JX通信社, 厚労省 世界:JH CSSE, WHO
※日本の数はクルーズ船乗員・乗客を除く

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース