キリスト教映画「ブレイクスルー」と「2人のローマ教皇」が第92回アカデミー賞にノミネート

2020年1月15日11時59分 印刷

第92回アカデミー賞のノミネート(候補)作品が13日、発表(英語)され、キリスト教映画の「ブレイクスルー(原題)」と、現教皇フランシスコと前教皇ベネディクト16世の対話を描いた「2人のローマ教皇」がノミネートされた。

「ブレイクスルー」は、作中で歌われている「I'm Standing With You」により歌曲賞でノミネート。同曲は多数の受賞歴がある米作詞家のダイアン・ウォーレンが作詞し、作中では主演女優のクリッシー・メッツが歌っている。「2人のローマ教皇」は、主演男優賞(ジョナサン・プライス、フランシスコ役)、助演男優賞(アンソニー・ホプキンス、ベネディクト16世役)、脚色賞の3部門でノミネートされた。

映画「ブレイクスルー」
映画「ブレイクスルー」 ©2018 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

「ブレイクスルー」は、致命的な事故に遭遇した14歳の少年ジョン・スミスと、ジョンを養子として育ててきた母ジョイスが、祈りと聖霊の力に寄り頼むことで体験した奇跡を描いた作品。ジョンは一時死亡と診断されるが、ジョイスの必死の祈りが応えられ、息を吹き返すという実話に基づいた物語だ。(関連記事:死んだ息子が再び息を フォックス2000が最初で最後のキリスト教映画「ブレイクスルー」

原作はジョイス自身が書いた『インポッシブル(原題)』(英語)。昨年4月にイースター(復活祭)に合わせて米国で公開され、累計興行収入は全米で4千万ドル(約44億円)、世界では5千万ドル(約55億円)を達成。2018年公開の「パウロ 愛と赦(ゆる)しの物語」(累計興行収入:全米1760万ドル〔約19億円〕、世界2300万ドル〔約25億円〕)を大きく上回る人気を集めた。

「2人のローマ教皇」は、現職の教皇としては約700年ぶりに自らの意思で引退を表明した前教皇ベネディクト16世と、初のアメリカ大陸出身者、初のイエズス会出身者として就任した現教皇フランシスコの歴史的な交代劇を描いた作品。それぞれ保守派と進歩派で考えが異なるとされている両教皇の交代がどのようにして実現したのか。交代劇1年前に行われた両教皇による非公開の会談を、インタビューや書籍などで公開されている2人の実際の発言をそのままセリフに用いて対話形式に構成することで描いている。(関連記事:映画「2人のローマ教皇」 歴史的交代劇の裏舞台、2人の教皇は何を語り合ったのか

映画「2人のローマ教皇」 歴史的交代劇の裏舞台、2人の教皇は何を語り合ったのか
映画「2人のローマ教皇」(画像:予告編より)

「2人のローマ教皇」は、米動画配信会社ネットフリックス製作の作品。ネットフリックス作品は今回、計24部門でノミネートし、製作会社別では、ウォルト・ディズニー(23部門)やソニー・ピクチャーズ(20部門)、ワーナー・ブラザーズ(12部門)などを抑えて最多となった。「2人のローマ教皇」のほかに、マーティン・スコセッシ監督のギャング映画「アイリッシュマン」(10部門)やノア・バームバック監督が夫婦の離婚をコメディータッチで描いた「マリッジ・ストーリー」(6部門)などが、ネットフリックス作品でノミネートされている。

一方、最多ノミネートとなったのは、バットマンの宿敵ジョーカーの誕生を描いた「ジョーカー」で11部門。続いて、「アイリッシュマン」、第1次世界大戦が舞台の米英合作映画「1917 命をかけた伝令」、米カルト集団にハリウッド女優が殺害された事件を描いた「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」の3作品が10部門でノミネートされた。

カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞したポン・ジュノ監督の「パラサイト 半地下の家族」は、韓国映画初にもかかわらず6部門でノミネート。この他、日本では今月17日から公開される「ジョジョ・ラビット」、ピューリタン一家の4姉妹を描いた19世紀の名作『若草物語』を原作にした「ストーリー・オブ・マイライフ / わたしの若草物語」が6部門でノミネートされた。

受賞作品の発表・授賞式は2月9日(日本時間10日)に米ロサンゼルスで行われる。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

米国で2020年に公開予定の5つのキリスト教映画

キリスト教映画「ブレイクスルー」と「2人のローマ教皇」が第92回アカデミー賞にノミネート

現代日本人への「共観福音書」として観る映画「男はつらいよ50 お帰り寅さん」

カニエ・ウェスト、新アルバム「ジーザス・イズ・ボーン」リリース

久米小百合さんデビュー40周年 記念BOX「久保田早紀プレミアム」来年1月末発売

「スター・ウォーズ / スカイウォーカーの夜明け」(2)クリスチャンこそ深く感動できる「アイデンティティー探し」の物語(一部ネタバレあり)

「スター・ウォーズ / スカイウォーカーの夜明け」(1)私とスター・ウォーズ

映画「2人のローマ教皇」 歴史的交代劇の裏舞台、2人の教皇は何を語り合ったのか

キリスト教書リサイクルショップ「復活書店」が営業終了

カニエ・ウェストの「サンデー・サービス」を体感 映画「ジーザス・イズ・キング」が限定公開

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース