張清益・異端カルト110番代表の信徒暴行問題、警察が捜査

2019年12月6日22時23分 印刷
+日本キリスト教異端相談所所長の張清益牧師、自教会の信徒に暴行 証言で明らかに
とねりキリスト教会の主日礼拝でメッセージを伝える張清益(チャン・チョンイク)牧師(画像:同教会の説教動画より)

複数の信徒に対する暴行問題が取り沙汰されている「異端カルト110番」の張清益(チャン・チョンイク)代表について、警察による捜査が行われていることが、6日までに関係者などへの取材で分かった。

この問題については、張氏が牧師を務める単立とねりキリスト教会(東京都足立区)でスタッフをしていた男性が10月に告発。男性の話によると、張氏は同教会に通っていた元信徒の女性2人に対して暴行を加えたとされる。また男性に対しても、携帯電話を投げ付けたり、ミーティング中に暴言を浴びせたりするなどのパワハラ行為を日常的に行っていたという。

一方、異端カルト110番は同日、張氏の暴行・パワハラ問題を伝えた本紙報道に関する調査の「最終報告」を発表。男性が張氏の問題についてまとめた「経緯説明書」にはまったく言及せず、また被害を受けたとされる女性2人に対する聞き取りも行わないまま、「張氏の認識では、『殴る』『蹴る』などの暴行を加えた事実はない」とし、「『暴行』の事実を確認することができなかった」と結論付けていた。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース