主のもとには癒やしがある 万代栄嗣

2019年10月21日13時13分 コラムニスト : 万代栄嗣 印刷

日が暮れると、いろいろな病気で弱っている者をかかえた人たちがみな、その病人をみもとに連れて来た。イエスは、ひとりひとりに手を置いて、いやされた。また、悪霊どもも、「あなたこそ神の子です」と大声で叫びながら、多くの人から出て行った。・・・朝になって、イエスは寂しい所に出て行かれた。群衆は、・・・イエスが自分たちから離れて行かないよう引き止めておこうとした。しかしイエスは、彼らにこう言われた。「ほかの町々にも、どうしても神の国の福音を宣べ伝えなければなりません。わたしは、そのために遣わされたのですから。」(ルカ4:40~43)

私たちは、自分たちのことばかりを考えていると、権利のみを主張して、都合の良いものに変えてしまおうとするものです。神様の御前に出ても、わがままなままでありませんように。聖書は私たちに何と語っているのか、神様のご計画や御心はどこにあるのか、私たちは神様の真理を祈り求めていく者でありたいと思います。

単に癒やしを祈り求めるだけでなく、イエス様は私たちの救い主であり、また癒やし主であり、私たちの命そのものに関わってくださるお方でありますから、イエス様がどのようなお方であるのか、本質を理解して、祈って癒やされていきたいと思います。2つのポイントを確認してまいりましょう。

1. イエスは救い主としてこの世に来られた

主イエス様が到来された目的は、「救い主(キリスト)として人々を救うこと」です。イエス様は、この福音を一人でも多くの人に伝えるために、私たちのところへ来られました。福音とは何ですか。神が私たちを救ってくださる約束であり、私たちを救う神の恵みの業が、事実として人々に届けられることです。福音は、Good News。良い知らせを聞いて自分のものにすれば、それが私たちの人生を変え、私たちは本当の幸せを手にするのです。

人々は、イエス様に出会って興奮していたことが分かります。人々が聞いたイエス様の言葉には、権威がありました。イエス様が祈ることによって病が癒やされて、悪霊の力からも解放されたからです。人々はそんなイエス様が去ることを引き止めました。しかしイエス様は、自らの御言葉、御業を通して、神ご自身の啓示の現れとしての救い主そのものがそこにいることを、一人でも多くの人々に伝えなければならないと語られています。

私たちはイエス様を礼拝し、癒やしを祈りますが、その前に、今も生きて働かれるイエス様を救い主として信じ、受け入れてまいりましょう。

2. 癒やしと解放が常に存在していた

イエス様は、癒やしや解放のために特別な機会を設け、また特別な祈りをされていたわけではありません。イエス様がおられるところには、当たり前のように、ごく自然に癒やしと解放があふれていたのです。

イエス様が行かれるところ、また、出会う人々は皆、ありとあらゆる病、患いがことごとく癒やされたのです。イエス様は一人一人に手を置いて、おびただしい数の人々を癒やしておられたことが当たり前の毎日だったのです。また、イエス様の前では悪霊の方から叫び声をあげて逃げ去っていき、悪霊の支配から人々は解放されていきました。イエス様は神の子ですから、悪霊に対する霊的な権威が初めから備えられていました。イエス様がおられるところには、当たり前のように癒やしが現れていたことを知りたいと思います。これが聖書の語るイエス様のお姿です。

私たちは、イエス様のお名前によって祈りますが、聖書の語るイエス様に結びついて祈る者でありましょう。私たちの目の前に真の救い主である主キリストご自身がおられ、このお方に近づいていく人々がごく自然に癒やされ、解放され、神の業が如実に現されることを信じて、祈っていきましょう。

万代栄嗣

万代栄嗣(まんだい・えいじ)

松山福音センターの牧師として、全国各地、そして海外へと飛び回る多忙な毎日。そのなかでも宗教を超えた各種講演を積極的に行っている。国内では松山を中心に、福岡、鹿児島、東京、神戸、広島、高松にて主任牧師として活動中。キリスト教界のなかでも、新進気鋭の牧師・伝道者として、注目の的。各種講演会では、牧師としての人間観、ノイローゼのカウンセリングの経験、留学体験などを土台に、真に満足できる生き方の秘訣について、大胆に語り続けている。講演内容も、自己啓発、生きがい論、目標設定、人間関係など多岐にわたる。

また、自らがリーダー、そしてボーカルを務める『がんばるばんど』の活動を通し、人生に対する前向きで積極的な姿勢を歌によって伝え続け、幅広い年齢層に支持されている。国外では、インド、東南アジア、ブラジル等を中心に伝道活動や、神学校の教師として活躍している。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース