百人一読シーズン2―偉人と聖書の出会いから―(22)ウィンストン・チャーチル 篠原元

2019年10月1日18時48分 コラムニスト : 篠原元 印刷
関連タグ:篠原元
+百人一読―偉人と聖書の出会いから―(89)ウィンストン・チャーチル  篠原元
ウィンストン・チャーチル(1874~1965)

皆さん、こんにちは。2019年も残り3カ月。いかが、お過ごしですか?

はい、質問します。皆さんは、ワインと乃木坂46が好きですか?「ワインは分かるけど、乃木坂46って何。どっかの住所?」って方! 乃木坂46っていうのは、女性のアイドルグループなんですよ。はい、今日勉強になりましたね。

で、どんどん行きます。ワイン好き&乃木坂46ファンの皆さんにお知らせ!! 今週の金曜日、あなたにお薦めの映画が公開されます。その名も「東京ワイン会ピープル」。OL桜木紫野が上司の誘いでワイン会に参加して・・・、ってストーリーらしいです。

で、主演が、乃木坂46の松村沙友理さん。まぁ、ワイン好き&乃木坂46好きの皆さんは、あとで調べてみてください。

あと、乃木坂46といえば、「いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46」を観てきました。この映画のことで、言えること・・・。ある子(名前が思い出せない)が、「カラスのモノマネします」というようなこと言ったのに、それが映らなかったんです! 見たかったです、篠原は。

カラスのモノマネなんて、そう見れないですよね、皆さん! もし、皆さんの中でカラスのモノマネができるって方は、いつか見せてください(笑)。

それから、このドキュメンタリー映画を観ていて思いました。考えました。「この人たち、どこまで素で、どこからが演技なのかなぁ」というようなことを。どこからがカメラを意識した演技で、どこまでは素顔、本音なのかなぁって感じですね。

でも、映画の話だけでなく、芸能人の方たちだけじゃなく、みんな、毎日演技してますよね? 誰だって、皆さんも、演技しながら生きていますよね。だって、家での姿、つまり素の姿を見られちゃマズイですよね(笑)。

言えること1)人のウラオモテ、素顔なんて、みんな(第三者)は知らない。

言えること2)おそらく、あなたが見ている(聞いている)彼、彼女、同僚、先輩、後輩、クラスメートの姿や態度(声や意見)は、素顔、本性、本音、地声(笑)では、ありません!

言えること3)で、あなたはそんな彼、彼女、同僚、クラスメート、上司、後輩、親友の素顔や本性を見ない方が、絶対良いです。あと、その地声や心の声を絶対に聞かない方がいいですよ! 見てしまったら、聞いてしまったら、多分、「百年の恋♡」も一瞬で冷めます。多分、「淡い憧れ」も音を立てて消え失せます。多分、ショックで心が折れるかも・・・。

このまま、知らない方が、見ない方が、聞かない方がいいですね。「演技の姿だ」って知って、そのまま付き合った方がいいですよ、多分。彼(彼女)の本性、本音、心の声を知らないから、今まで通り普通に接せれるわけですよね(笑)。

そして、皆さんも見せない、聞かせない方がいいですよ。100パーセントありのままの自分の姿、地声、心の叫び(「あぁ!こいつの話、長いな!早く終われや」とか「この人、ヅラだ!!ずれてる(笑)」とか「元カレの方が優しかったなぁ」とか「ふんっ!アタシの方が、仕事できるわね」とか)、スッピン・・・を、彼、お客さん、クラスメート、先輩、同僚に。まぁ、そうですよね? 知られるわけ、聞かれるわけ、見られるわけにはいかないですね(笑)。

見られた、聞かれた、知られたら、「ごめん・・・。別れよう」、「あんたって、最低ね! 友達だと思ってたのに!!」、「あの・・・。どちら様ですか? 声は、親友に似てるんですが」、「あ~あ、そう思ってたんだ。はいはい、できない先輩でゴメンナサイね。これからは、あなた、一人でヨロシク♬」って事態ですね。

そう、言えること。人間って、みんな、素の姿、正直な意見、本音、本心を隠して(抑えて)、演技して生きているわけです。逆に言えば、だからこそ、なんとかやっていける・・・。でも、演技しているから、気が抜けない、つまり、不安、緊張、恐れ、むなしさ・・・で、溜まる疲れ!! 安心感、憩い、リラックスってモノとは程遠い毎日・・・ですよね?皆さん。

はい。ご紹介します。かの英国首相、ノーベル賞受賞者のウィンストン・チャーチルの言葉。「私たちは、聖書という“堅固な岩”の上に安心して憩うのである」(『100人の聖書』134ページ)

皆さんに朗報。今日は、幸せになれる話です。現代社会の皆さんだって、憩うことができます。安心感を得るために、それから、憩いのある日々を過ごすために、クリスチャンになりませんか?

「うん?なんで、クリスチャンになる必要があんの?」と思うでしょう。それはですね、クリスチャンにはスゴイ特権があり、またクリスチャンになることによるメリットが莫大(ばくだい)だからなんです。それらについては、またクリスチャンになる方法も、シーズン1の100で紹介中ですから、後でどうぞ。

ま、実際、クリスチャンになると安心感が持てますよ。クリスチャンになると憩えますよ、「ほっ」とできますよ。なぜか? いっぱい理由があるんですけど、今日は2つ紹介します。

まず、1)死んで、千の風になるとか豚になるとか蝶々になるとかは、あり得ません! よくよく考えたら、嫌じゃないですか? あなたが、豚になってしまったら・・・。キレイな花になれたとしても、人間に踏まれたり、立ちションするおっさんが目の前に立ったら・・・、ねぇ。

世界のベストセラー、聖書は教えています。人間は、死んだら、どっちかだと。つまり、ある人は、最終的に地獄。で、私やある人たちは、天国。それで、今日知っていただきたいのは、どんなに親切な人でも、ボランティア活動に熱心な人でも、周りから信頼されてる人でも、クリスチャンでないなら、天国に行けないわけです。

クリスチャンになれば、それだけで、天国に行けるわけですね。「本当か?なんでそういう話になるんや」とか「ふんっ!信じられん」と思います? そういう方は、絶対に今日中に、シーズン1の100を読んで、「は~っ。そういうことなの!!分かりました」って、なってください!

はい、2)これで、最後です。皆さんね、クリスチャンになると安心感があります。だって、呪われない身になるんですよ。「呪い」から守られるようになるんです。

あの、実際問題として、「呪い」は存在します。皆さんが、信じようが信じまいが、「呪い」は存在し、多くの人が、呪われています。呪いを受けて生きています。

皆さん。今まで、いろんな人を呪ってきましたよね?「あんたのこと呪ってやる!」とか「お前ら、末代まで呪ってやる!!」とか「こいつッ!呪ってやる・・・」とかね。で、真夜中に白装束で変な人形を持って、ある場所に行ったことあるんじゃないですか?

ってことは、あなたも、もしかしたら今、今日、今月、昨日、先週、先月、誰かに呪われてるかもしれません。呪いをかけられたかもしれません。たとえば、元カレや元カノ。また、ライバル社や近所のあの人・・・。

誰かが、真夜中、白装束で、変な人形を持ちながら、あなたのことを呪って、トントン、ガンガンと・・・。皆さん、心当たりあります? 最近、妙に寒気がしたり、急に胸がドキッとしたり、真夜中ハッと起きたり・・・、しないですか?

今まで、また、最近も、いろいろありましたよね。トラブル、事故、けんか、別れ話・・・。いっぱい思い当たる人もいるでしょう。でもね、思い当たらなくても、どこで恨まれ、どこで憎まれるか分からないですよ・・・。

どこで、いつ「呪い」をかけられていることか・・・。昨晩、あなた絡みの変な人形が、木に、ドンっドンっ、って感じで打ちつけられたかも・・・。

でも、安心してください。世界のベストセラー、聖書は皆さんに安心と憩いを与えてくれます。聖書から理解できることですけど、クリスチャンになれば、第三者から「呪い」をかけられても、「呪い」が、あなたには効かなくなるわけですよ。

あなたがクリスチャンになるならば、誰かがあなたに「呪い」をかけても、どっかで、白装束の誰かが、あなた絡みの変な人形をトントンしていても、あなたに「呪い」が下ることは絶対にないわけです。

なぜなら、クリスチャンになったら、キリストの神様が、あなたを祝福してくれるの。だから、キリストの神様が祝福してくれるから、あなたは祝福され、仮に誰があなたを呪ったとしても、あなたに「呪い」が下ることがないわけですよ。

キリストの神様が祝福したんだから、誰も「呪い」をかけることはできなくなるわけですね、あなたに。クリスチャンになるべきですね。今すぐに。天国の保証、呪いからの保護・・・。他にも詳しく知りたい方は、シーズン1の100をあとでチェック!

このヤバイ時代、安心して生きるには、キリストの神様の守りが必要ですよ。「呪い」「地獄」を回避とかは、自力じゃ無理ですよね。お金を払って警備会社に何とかしてもらうってこともできません。もう、クリスチャンになるしかないです。あなたは、どうします?

次回の百人一読は、アメリカの第26代大統領セオドア・ルーズベルトが登場。見て損するもの、聞いて損するものが多いです! でも、反対のものもいっぱいあります。それでは、祝日となった今月の22日に、また百人一読で。

<<前回へ

【書籍紹介】
篠原元著『100人の聖書

『100人の聖書』

本書を推薦します!
「他の追随を許さない数と挿話」
――奥山実牧師(宣教師訓練センター[MTC]所長)
「牧師の説教などに引用できて便利」
――中野雄一郎牧師(マウント・オリーブ・ミニストリーズ)
「聖書に生きた偉人たちの画廊」
――峯野龍弘牧師(ウェスレアン・ホーリネス教団淀橋教会)

ご注文は、全国の書店・キリスト教書店、Amazon、または、イーグレープのホームページにて。

篠原元

篠原元(しのはら・げん)

1991年7月、東京都千代田区生まれ。プロテスタント・炎リバイバル教会伝道師。JTJ宣教神学校卒業、アンテオケ国際宣教神学校卒業、同神学院中退。現在、VIPクラブ、キリスト教各団体、ホテルなどにて講演、またテレビ番組「ライフ・ライン」などに出演するなど多方面で活動中。2017年1月に有志のメンバーにより設立された社会福祉活動団体「100人の聖書基金」の、学校・児童養護施設・病院などへの書籍寄贈活動に著者として携わっている。著書に『100人の聖書』(発行:イーグレープ)がある。

炎リバイバル教会ホームページ

関連タグ:篠原元

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース