N・T・ライト、オックスフォード大学ウィクリフ・ホールの上級特別研究員に

2019年8月30日18時07分 印刷
+ニコラス・トマス・ライト、N・T・ライト
ニコラス・トマス・ライト(N・T・ライト)氏

英オックスフォード大学ウィクリフ・ホールは22日、新約聖書学者のニコラス・トマス・ライト氏(70)を同ホールの上級特別研究員に任命すると発表した。就任は10月1日付。ライト氏の書籍は邦訳本も複数出版されている。

オックスフォード大学はカレッジ制を採用しており、現在は39のカレッジと、6つのパーマネント・プライベート・ホール(PPH)があり、在学生はいずれかに所属している。PPHはいずれもキリスト教の神学教育機関で、カトリック系が3つ、英国国教会(聖公会)系が2つ、バプテスト系が1つ。1877年設立のウィクリフ・ホールは、英国国教会系の中でも福音主義的な立場を取る教育機関。

ウィクリフ・ホールのマイケル・ロイド校長は、ライト氏が「新約聖書研究の分野を刷新し、イエスの復活の歴史性を、これまでにない徹底さと洗練さをもって弁護してきた」と評価。ライト氏の就任が、次世代の教会指導者の育成に大きく貢献することへ期待を示した。

ライト氏は、自身も1970年代にウィクリフ・ホールで学び修士号を取得したり、同大で教鞭を執ったりするなど関わりが深い。現在はスコットランドのセントアンドルーズ大学セントメアリー・カレッジで、新約聖書学と初代教会史の特任教授を務めている。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース