闇から光へ~的外れからの解放~(75)お台場の職場 佐伯玲子

2018年12月31日10時04分 コラムニスト : 佐伯玲子 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:佐伯玲子

「パワーストーンが良い就職先を引き寄せた!」と思い込んだ私は、より一層“スピリチュアル”に傾倒していきました。といっても、土台は相変わらず“墓信仰X”でした。

前より高給で、大好きな犬のフードを扱う外資系企業、勤務先は“お台場”のショッピングモール・・・は、好条件でしゃれたイメージの印象を受けました。しかし実際は、混雑する電車で片道2時間かけての通勤、苦手なキャッチセールス、店頭で行う化学実験さながらのデモンストレーション、“立ち通し・喋り通し”の業務・・・で、心身ともにクタクタになりました。

「時折やって来る、テレビ番組の取材クルーとの遭遇」も、つらいことでした。知人タレント・芸人時代の仲間たちなどが、レポートをしながら店の前を通ったときは、「今の自分を見られたくない」恥ずかしさから、思わず隠れてしまいました。「かつての自分は、あちら側だったのに・・・」。彼らが楽しそうにレポートしている姿を垣間見ながら、悔しさと情けなさで、心はズタズタに傷付きました。悪魔は「良かった過去」を思い出させ、「現在とのギャップ」を突き付け、落ち込ませようと、休みなく攻撃してきました。

「もう開き直るしかない。とにかく、今の人生の良いところだけを見る!」と決め、ネガティブな視点をやめ、楽しい部分を見る努力をしました。すると、次第に「光」が差していきました。「フードは、ワンちゃんの健康に大変良いもの。だから、多くのワンちゃんに食べてもらいたい!もっと良さを知ってもらうぞ!」という意欲が湧き上がってきて、次第にセールストークにも熱が入り、面白くなっていきました。

すると、徐々にリピーターのお客様が増え始め、顔なじみになったワンちゃんたちにも懐かれ、毎日が楽しくなっていったのです。お客様から「毛艶が良くなった」「目やにが消えた」「ダイエットに成功した」「健康になった」等々、喜びの声を聞くたび、“幸せと、やりがい”を感じました。同僚スタッフにも恵まれ、周囲のショップ店員の皆さんとも仲良くなり、毎日が充実していきました。救われる前であっても、イエス様は私に、“楽しく生きる知恵”を与えてくださったのだと思います。

しかし、そんな私を悪魔は黙って見ているはずもなく・・・。しばらくすると、周りの人たちから「ちょっと、痩せたんじゃない?」と言われ始めました。最初のうちはうれしかったのですが、日を追うごとに、「ちゃんと食べてるの?」「痩せ過ぎじゃない?」「どこか悪いんじゃないの?」と心配されるようになりました。

決して無理なダイエットをしていた訳ではありません。体の代謝が急激に上昇し、排泄機能が活発になったことで、食べたものが十分に吸収されないまま排泄され、1日のお通じ回数が異常に増えていたのが原因でした。さらに、洗髪するたび、髪の毛が大量に抜けるようにもなりました。

動悸・息切れも一層ひどくなっていきましたが、「お通じが多いのは健康な証拠、脱毛は季節的なもの、動悸・息切れは月経過多から、貧血気味だが鉄剤飲んでるから大丈夫」と、あまり気に留めませんでした。それよりも、巨大子宮筋腫の存在の方が私の中では大きく、他の“体の変化”を気にする余裕はなかったのです。

しばらくたったある日・・・。何気に喉を触った瞬間、絶句しました。左右の甲状腺が大きく腫れていたのです!すぐにかかりつけの病院で検査を受けたところ、「バセドウ病」(甲状腺ホルモン過剰分泌により、甲状腺機能が亢進[こうしん]する病気)と診断されました。巨大子宮筋腫に加え、バセドウ病まで発症・・・ショックでした。有名な専門病院を紹介され、再度詳細な検査をした結果、辛うじて手術やアイソトープ(放射性ヨウ素)治療は免れ、投薬治療になったのですが、1度に10種類もの大量の薬を飲むことになり、当面“10日に1度の通院”を余儀なくされました。

「シングルマザーだから、頑張って働かなければいけないのに・・・。私ばかりに、なぜこんなことが起きるんだ?!まだまだ墓参りが足りないのか?祈り方が悪いのか?一体何が悪いというのか?」と、途方に暮れました。X神に祈り求めても、何も応えてはくれませんでした。

理由は簡単、 真理ではない生き方をしていたからです。イエス・キリストでないものを信じ、礼拝し、従っていたからです。物言わぬ偶像に聞いたところで、言葉が返ってくるはずもありません。しかし、何も分かっていなかった私は、自分に降りかかってくる苦難に押し潰され、心ここにあらずのまま、なんとか職場へと向かいました。

お台場に着き、社員通用口へと、ふらついた足取りで歩いていました。その日は雨。通路の所々に敷いてあったトタンの上を歩き始めたとき、突然ツルッと滑り、ドーンと強く地面に尻もちをついてしまったのです!とっさについた右手に、たちまち激痛が走りました!衝撃と痛みで立ち上がれず、声もうまく出ません。ですから助けを求めても、誰にも気付いてもらえず、素通りされ続けました。

ようやく、変に思ったどこかの女性店員さんに抱き起こされ、店まで連れて行ってもらいました。が、とても仕事ができる状態ではなく、右腕はみるみる腫れ上がってきたので、そのまま車椅子で医務室まで運ばれ、救急車を呼ぶことになりました。しかし、一向に来ません。消防署が臨海地域になく、「北品川から来る」とのことで、「今出ました!今向かってます!」という“蕎麦屋の出前状態”が1時間以上続きました。

痛みに耐えながら、ショッピングモールのスタッフに事情説明をしていたとき・・・。「バン!」と勢いよくドアが開き、ドドッ、とたくさんの人が入ってきました。「やっと救急車が来た~!」と、ホッとしたのも束の間、よく見ると白ではなく、全員が黒い制服を着ているではありませんか!そして、その中の1人が私の前に来て、「湾岸署です!」と告げたのです。

・・・その時、何かがパーンと弾けました。痛みで意識がもうろうとする頭の中に、あのドラマのテーマソングが流れ始め、トレンチコート姿の「織田裕二」が浮かび上がったのです。ショックの連続過ぎて、どうかしてしまった私でした。

<<前回へ     次回へ>>

佐伯玲子

佐伯玲子(さえき・れいこ)

愛知県豊田市出身。名古屋造形芸術短期大学造形芸術科プロダクトデザインコース卒業後、役者を目指し上京。幼少より得意だった物まねを生かし、ホリプロお笑い部門第1期生として、バラエティーやドラマ、舞台などで活動。結婚後は、プレイヤーの他、脚本、演出、プロデュースといった制作活動を行う。26歳の時に出会ったカルトの洗脳により、離婚、度重なる病やけがで、生命危機一髪の2012年秋、イエス・キリストに出会い、22年間に及ぶカルト洗脳から救われる。2015年春より、神様から賛美を使って歌って踊るエクササイズ「賛美クス」を与えられ、フィットネスを通した伝道を行っている。教会はもちろん、ノンクリスチャンの人たちに、賛美の「力」と「神様に感謝をささげることの喜び」を、ステージパフォーマンスやレッスンを通して発信している。「主イエスの恵み教会」所属。

B.B Wonderland公式サイト

Facebookでシェアする Twitterでシェアする
関連タグ:佐伯玲子

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を指定:
  • 金額を選択:

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング