大宮理事長「聖書の言葉は永遠に響き続ける命の言葉」 日本聖書協会クリスマス礼拝

2018年12月19日22時50分 印刷
+大宮理事長「聖書の言葉は永遠に響き続ける命の言葉」 日本聖書協会クリスマス礼拝
礼拝で共に祈りをささげる出席者たち=6日、日本基督教団銀座教会(東京都中央区)で

「新共同訳」以来31年ぶりとなる、カトリックとプロテスタント共同による新しい日本語訳聖書「聖書協会共同訳」を今月刊行した日本聖書協会主催のクリスマス礼拝が6日、日本基督教団銀座教会(東京都中央区)で行われ、約300人が集った。同協会の大宮溥(ひろし)理事長はクリスマスメッセージで、「聖書の言葉は永遠に響き続ける命の言葉」と語り、「神の子イエス・キリストは、聖書が読まれるたびごとに生ける方としてわれわれの前に立ってくださる」と説いた。

大宮氏は「地上の人間が人の上に立とうと競り合っている中で、天にいました神の子キリストが人間となって地上に生まれ、人々の重荷、苦しみを自分の肩に担い、共に生きてくださった」と述べ、「一人一人が心開いて、このイエス・キリストを迎え、生きているのはもはや私ではない、キリストが私のうちに生きておられるのです、と言うときに、われわれは一人ではなくて、キリストの体としての教会の一つの枝、肢体となり、キリストを頭として隣人と共に、兄弟姉妹と共に、愛の交わりの共同体の中で共に生きている」と語った。

最後に、現代を生きる人々の心の中にイエス・キリストが生きておらず、眠り込んでいるように見える現状に触れ、「2018年のクリスマスを迎えるに当たり、あらためて眠れるイエス・キリストに心開いて近づき、主がわれらのうちで生きて共に歩んでくださるという出発を新たにしたい」と話した。

大宮理事長「聖書の言葉は永遠に響き続ける命の言葉」 日本聖書協会クリスマス礼拝
クリスマスメッセージを伝える大宮氏

続いて第29回となる聖書事業功労者表彰式が行われ、教文館代表取締役会長で虎ノ門法律事務所代表の宮原守男氏が表彰された。宮原氏は20年にわたり、同協会を法務の面で支援したほか、教文館と同協会が相互協力を常として銀座の地でキリスト教文書活動を推し進めるに当たり、同協会のよき理解者として活動を支えてきた。

宮原氏は、クリスチャンとしての信仰生活を送る上で、教会のよき牧師に恵まれたことや、教文館の働きに関わるようになった経緯などについて話し、感謝の言葉を述べた。

大宮理事長「聖書の言葉は永遠に響き続ける命の言葉」 日本聖書協会クリスマス礼拝
聖書事業功労者表彰式であいさつする宮原氏

最後のあいさつで同協会の渡部信総主事は、支援者への感謝を伝えるとともに、「聖書協会共同訳」にも触れ、「ぜひこの聖書をお読みくださって、2019年がもっと素晴らしい年になることを心から願ってやみません」と述べた。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

教会の最新記事 教会の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース