銀座教会

31年ぶりの新訳「聖書協会共同訳」発売 日本聖書協会が記者会見

31年ぶりの新訳「聖書協会共同訳」発売 日本聖書協会が記者会見

「新共同訳」以来31年ぶりとなる、カトリックとプロテスタント共同による新しい日本語訳聖書「聖書協会共同訳」が3日、発売された。同日には、発行する日本聖書協会が記者会見を開き、新しい聖書の発行の経緯や特徴などを説明した。

2018年12月04日22時49分

東京神学大学

主題は「日本伝道の将来」 6月に第1回日本伝道フォーラム

第28回日本伝道協議会が6月4、5の両日、東京神学大学(東京都三鷹市)と日本基督教団銀座教会(同中央区)を会場に開催される。今年は「日本伝道の将来」を主題に、第1回日本伝道フォーラムとして開かれる。

2018年03月18日22時18分

モンゴル語聖書翻訳プロジェクトリーダーが来日講演 日本聖書協会

モンゴル語聖書翻訳プロジェクトリーダーが来日講演 日本聖書協会

日本聖書協会は18日、2028年の「モンゴル語標準訳聖書」の完成を目指して翻訳事業を進めている「モンゴル人による原典からのモンゴル語聖書翻訳」プロジェクトのリーダーを務めるガラム・バヤルジャルガル氏を招き、日本基督教団銀座教会で講演会を開いた。

2016年03月24日16時57分

東京都:モンゴル語聖書翻訳者の来日特別講演 銀座教会で3月18日

東京都:モンゴル語聖書翻訳者の来日特別講演 銀座教会で3月18日

日本聖書協会は3月18日、銀座教会で特別講演「原典からのモンゴル語聖書翻訳の実現を目指して」を開催する。講師は、モンゴル・ユニオン聖書協会聖書翻訳プロジェクトリーダーのガラム・バヤルジャルガル博士。

2016年02月12日11時08分

シリーズ「日本の伝道を考える」刊行記念シンポ 上田光正氏「聖霊が起こす信仰復興運動が必要」

シリーズ「日本の伝道を考える」刊行記念シンポ 上田光正氏「聖霊が起こす信仰復興運動が必要」

日本基督教団曳舟(ひきふね)教会牧師の上田光正氏による新著3巻シリーズ「日本の伝道を考える」の刊行記念シンポジウムが9月28日、同教団銀座教会で行われた。著者である上田氏と3人の発題者を迎え、これからの日本の伝道について同書を通して考えた。

2015年10月09日18時16分

“聖書の地”を和紙にプリント 銀座でイスラエル写真展「バイブルランドイスラエル」 27日まで

“聖書の地”を和紙にプリント 銀座で写真展「バイブルランドイスラエル」

聖地イスラエルの写真を和紙にプリントして紹介する写真展「バイブルランドイスラエル」が、東京福音会センターで開催されている。和紙が持つしっとりした雰囲気の表現性と、イスラエルの風景が見事にコラボレーションした作品25点が展示されている。

2015年09月23日11時06分

6月に第25回日本伝道協議会「現代の日本で、なぜ福音を信じ伝えるか」

第25回日本伝道協議会(全国大会)が、6月1日(月)と2日(火)、「現代の日本で、なぜ福音を信じ伝えるか」を主題に開催される。第1部「教職による伝道協議会」は同大で、第2部「信徒のための公開講演会」は日本基督教団銀座教会で開催される。

2015年05月03日23時58分

教会やキリスト教団体も支援 被災地女性らが毛糸の手編み

教会やキリスト教団体も支援 岩手県の被災地女性らが毛糸の手編み

東日本大震災で被災した岩手県の女性たちが、全国から届けられてきた毛糸を使い、震災直後から編み物を通して始めた「ハートニットプロジェクト」が、11月30日から12月7日まで、単立・東京ユニオンチャーチで「ニットでハートをつなごう展」を開く。

2014年11月28日23時12分

東京都:第15回キリスト教学校フェア 都内のキリスト教系学校17校が参加

東京都:第15回キリスト教学校フェア 都内のキリスト教系学校17校が参加

東京都内にあるプロテスタント系キリスト教学校17校が参加する合同説明会「第15回キリスト教学校フェア」が、8月2日(土)に日本基督教団銀座教会・東京福音会センターで開催される。

2014年07月16日19時52分

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング